フィルムノワールが原作のロイド・ウェバー作品に安蘭けいが挑む

2012.4.26 15:40配信
ミュージカル『サンセット大通り』会見より ミュージカル『サンセット大通り』会見より

過去の栄光が忘れられないかつての大女優と、ハリウッドでの成功を夢見てもがく脚本家。孤独な魂が呼応するように惹かれ合い、悲劇へとひた走るドラマを圧倒的な美学で描いたフィルム・ノワール(犯罪映画)の名作『サンセット大通り』(1950年制作)。それをもとに『オペラ座の怪人』など多くのヒットミュージカルで知られる作曲家のアンドリュー・ロイド=ウェバーが舞台化、1995年のトニー賞最優秀ミュージカル作品賞ほか7部門を受賞したのが、ミュージカル『サンセット大通り』だ。長らく日本版の公演が待たれていた本作が、最強のキャストとスタッフを得て、ついに上演が決定した。4月25日に行われた制作発表には、安蘭けい、田代万里生、鈴木綜馬、彩吹真央ら主要キャストと、演出の鈴木裕美が出席。また一般公募のオーディエンス150人も参加した。

ミュージカル『サンセット大通り』チケット情報

拍手と共にステージに登場した5人は、すでに笑顔。まず演出の鈴木裕美が「この作品はロイド・ウェバーならではの華やかさを備えつつ、本質はテネシー・ウィリアムズのような人間同士の確執をストイックに描いた作品。私もシンプルに、ストイックに作り上げたい」と抱負を語った。続いて大女優ノーマ・デズモンドを演じる安蘭が「こんなに大きな作品の(日本)初演をさせていただけるとは、本当にラッキーガールだなと思っています。プレッシャーもありますが、この役をやるために生まれてきたと思えるように頑張りたい」と意欲を見せた。売れない脚本家ジョー・ギリスに挑む田代は「名だたる俳優の方たちがやりたいとおっしゃる役。絶対やりたい!と思っていたので、出演が決まった時は本当に嬉しかった。稽古場でぜひ演出の鈴木さんにしごかれたいです」と話して場内の笑いを誘った。さらに、ノーマのかつての夫で今は執事を務めるマックス役の鈴木綜馬は「全てが非日常の世界で、劇場に入ってから出るまでお客様がこの世界観にどっぷり浸れるのが魅力」とアピール。ジョーと恋に落ちる脚本家のベティー・シェーファー役の彩吹も「15年ほど前にロンドンで観て、あまりの感動にCDを買ってずっと聴いていました。脚本と音楽、すべてが揃っている作品」とその魅力を語った。

制作発表後には、日本語詞がついたばかりという劇中歌が4曲、特別に披露された。田代が感情を爆発させながら歌う「サンセット大通り」には大きな拍手。続けて彩吹が加わりデュエット「トゥー・マッチ・イン・ラブ・トゥ・ケア」を、お互いを思いやるような表情で。さらに鈴木綜馬が「ザ・グレイテスト・スター・オブ・オール」を切々と歌い、最後に登場した安蘭が「ウィズ・ワン・ルック」をドラマチックに歌い上げると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。

公演は6月16日(土)から7月1日(日)まで東京・赤坂ACTシアターにて上演。その後7月6日(金)から8日(日)まで大阪・イオン化粧品 シアターBRAVA! にて開催する。チケットはいずれも発売中。

取材・文 佐藤さくら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング