イタリアの名監督の旧作を渋谷で再上映

2016.3.31 11:4配信
『グランドフィナーレ』を手がけたパオロ・ソレンティーノ監督

名優マイケル・ケインが主演を務める映画『グランドフィナーレ』が4月16日(土)から公開されるのを記念して、本作を手がけたパオロ・ソレンティーノの監督作が、渋谷のBunkamuraル・シネマで再上映されることが決定した。

その他の画像

ソレンティーノ監督はイタリアの映画作家で、『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』がカンヌ映画祭の審査員賞を受賞。続く『きっと ここが帰る場所』が同映画祭のエキュメニカル審査員賞に輝き、2013年に発表した『グレート・ビューティ/追憶のローマ』はアカデミー外国語映画賞に輝いた。重厚なドラマと、細部までこだわり抜かれた映像は、多くの映画ファン、映画人を魅了しており、新作を発表するたびにファンを増やしている人物だ。

今回、新作『グランドフィナーレ』と同日から上映されるのは、先にあがった『イル・ディーヴォ…』『きっと ここが帰る場所』『グレート・ビューティ/追憶のローマ』の3作品。いずれも『グランドフィナーレ』の半券を提示すると、それぞれ1000円で観賞することができる。

『グランドフィナーレ』
4月16日(土) 新宿バルト9、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

(C)2015 INDIGO FILM. BARBARY FILMS. PATHE PRODUCTION. FRANCE 2 CINEMA. NUMBER 9 FILMS. C -FILMS. FILM4

いま人気の動画

     

人気記事ランキング