日立のスティッククリーナー、「メーン掃除機での使用」広がる

2016.3.31 16:26配信
「パワーブーストサイクロン PV-BD700」

日立アプライアンスは3月30日、「パワーブーストサイクロン PV-BD700」の製品説明会を開催した。既報の通り、「PV-BD700」は昨年2月に発売した「PV-BC500」の後継機種で4月23日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は8万円前後。また「PV-BC500」の取っ手の形状を継承した中級モデルの「PV-BD400」も、5月下旬に6万5000円前後で発売する。

●コードレススティック型の構成比は24%を予想

同社によると2016年度のクリーナーの需要は約470万台(前年度比102%)を予測。そのうちコードレス型のスティッククリーナーが24%を占めると読む。14年度は14%だった構成比が今後も伸びていくと期待する。

一方、布団クリーナーに代表されるハンディクリーナーは、14年度の14%から16年度は8%に縮小すると予想。ロボット掃除機やキャニスタータイプの構成比もほぼ変わらないことから、布団クリーナーの縮小分をコードレスのスティッククリーナーが補うマーケット構造になりそうだ。

昨年モデル「PV-BC500」の購入者調査(複数回答可)によると、購入時は「サッと使えてパッと置ける」(65%)や「パワフル自走で操作が軽い」(52%)、「そのまま立てられる充電台」(49%)など、使い勝手のよさを評価している。

興味深いのは、サブ掃除機として見られがちなコードレスのスティック型クリーナーだが、同社の商品計画本部ユーティリティ商品企画部の湧廣修主任が「家の中のメーン掃除機として使われている」と語るように、「PV-BC500」とほかの掃除機の使い分けについて聞いた項目では、「BC500をメーンの掃除機として使う」が74%と突出している。家の中のメーン掃除機として使っている実態が明らかになった。

新しい「PV-BD700」は、手元のレバーを引くだけでパイプの長さが4段階に調整できる「サッとズームスティック」を採用。スティックからハンディにスムーズにスタイルを変えることができる。「気がついたときにサッと掃除できる」というスティッククリーナーならではの手軽さが体感できる。

●「自走スマートヘッド」で軽い操作感

スティッククリーナーとして使用するときは、ゴミと空気を分離する「パワーブーストサイクロン」カップや「小型ハイパワーファンモーター」がヘッド近くの低い重心になる。これに日立ならではの回転ブラシの駆動力で自走する「自走 スマートヘッド」の動きが加わると、操作感は格段に軽く感じる。

ヘッド幅約28cmのワイドヘッドは、ワンストロークの吸い込み面積が大きい分、掃除の時間短縮につながる。今回はヘッド先端に新たな「きわぴた」構造を採用。ヘッド先端に空気の通り道を設けることで、取りにくかった壁ぎわのゴミを回転ブラシまでしっかり吸引できるようにした。

ハンディクリーナーとして使う場合は、手元レバーでサッとパイプを短くして、ヘッド部を取り、本体に装着してあるハケブラシを起こす。本体側に取っ手となる穴が開いているので、手を通すだけでスティッククリーナーに早変わりする。

ほかにも、ヘッド部を持ち上げると回転ブラシが自動的に停止する安全機構の採用や、サイクロン部を丸洗いできるなど、細かな配慮も随所に見られる。「PV-BD700」には「布団用吸口」や高所掃除に便利な「伸縮曲がるブラシ吸口」、狭いすき間掃除に便利な「すき間用吸口」の三つのアタッチメントが付属する。(BCN・細田立圭志)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング