【BeatBurger】<独占インタビュー>シム・ジェウォン、「音楽という枠の中では自由でいたい」 夢に向かう人へのアドバイスも

東方神起やSHINeeらSMエンタの人気アーティストのパフォーマンスディレクターを務めるシム・ジェウォンを中心にした音楽ユニット、BeatBurgerの独占インタビューをお届け!

BeatBurger 左からジェイ、MQ、ク・ジョンピル、ステファン、フラッシュフィンガー

東方神起やEXOのライブの総合演出などを手掛け、SMエンターテインメントのパフォーマンスディレクターとしての顔を持つジェイ(シム・ジェウォン)を中心に、ロックバンドSchizo(スキゾ)のギタリストとして活躍するステファン(チュ・ソンミン)、ラッパーのMQ、キーボーディストでプロデューサーのフラッシュフィンガー、そしてサウンドエンジニアのク・ジョンピルの5人で構成されるBeatBurger(ビートバーガー)が3月22日、TSUTAYA O-EASTでダンスミュージック・イベント「BeatBurger presents DANCE PARTY In Japan 2016」を開催、日本のオーディエンスの前で初パフォーマンスを行った。本番直前の楽屋で、独占インタビューを敢行!

――今回、BeatBurgerは、5人での来日です。ジェイさんとSMエンタの振付師ファン・サンフンさんとふたりでダンスパフォーマンスを行う場合もBeatBurgerという名義ですよね。BeatBurgerとはプロジェクトチームという位置づけなのでしょうか。

ジェイ「プロジェクトチームというよりは、クリエイティブクルーという概念かな。音楽をやるのはこの5人で、パフォーマンスクルーはまた、別のメンバーになります。今回は、音楽をメインにしたイベントなので、この5人で日本に来ました」

――SUPER JUNIORのウニョクさんやSHINeeのテミンさんのダンスをフィーチャーした“BeatBurgerプロジェクト”という活動もありますが、その違いは何ですか。

ジェイ「BeatBurgerプロジェクトは、僕たちBeatBurgerのセンスとアーティストのカラーを融合させたものなんです。BeatBurgerのクリエイティブな部分とアーティストの個性を今までのイメージとは違う形で表現するものというか……。SUPER JUNIORのウニョクのダンスではなく、BeatBurgerとウニョクが一緒に作り上げた作品、BeatBurgerとテミンのコラボレーションという感じで、彼らの魅力がより引き立つものをクリエイトしています。今年も新しいプロジェクトを準備しているところですが、これからは、違う文化の方たちと交流した創作活動をしていこうと考えています」

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント