好きになった男性が結婚していた場合、悩むのが「そこからどうするか」ですよね。

相手の男性からもいい手応えがあって、このまま不倫関係に進むか、それとも踏みとどまって別の独身男性を探すか、そのときの選択は「自分の限られた時間をどう使うか」を考えられるかどうかで分かれます。

不倫に走ってしまった女性、やめた女性にはどんな違いがあるのでしょうか。

好きになった人が既婚者だった…不倫に走った女性、踏みとどまった女性

1.不倫を選ぶ女性は「両思いになる幸せ」を捨てられない

不倫関係を選んだ女性からよく聞くのは、

「好きになった人がたまたま既婚者だっただけ」

「奥さんとうまくいってなくて、好きなのは私だけって言ってくれるし」

など、「結婚して配偶者がいる男性と関係を持つことへの言い訳」です。

“不倫が世間一般で認められないことはよくわかっているけれど、好きな気持ちを止められない。相手の男性も私を求めてくれるし、ばれなければ問題はないだろう”。

その「甘さ」は、目の前にある「両思いになれる幸せ」を捨てられないことから生まれます。

ですが、不倫していることが万が一ばれてしまうと、男性の妻から慰謝料を請求されたり会社では罰せられたり、また「奥さんのいる男性と肉体関係を持った人」というレッテルを貼られてその後独身男性との恋愛が難しくなるなど、女性にとってデメリットが多すぎるのが現実です。

「ばれないように気をつければいい」と思いますが、会うときは常に人目を避けて行動していても、いつ何処で誰の目に触れるかはまったくわかりません。

また、後ろめたい関係に対するストレスや相手の奥さんの存在、先のない関係への不安など、精神的にも休まるときがないのが不倫です。

そして、何より忘れてはいけないのは、結婚している身でありながら独身の女性と付き合おうとする男性の不誠実さ。

社会的なリスクが高いだけでなく、堂々と妻を裏切ることのできる男性と後ろ指をさされるような関係を持つことが自分にとって本当に良いのかどうか、しっかりと考えなければいけません。

2.不倫を踏みとどまった女性には、次の「幸せになれる恋愛」が待っている

反対に、たとえ相手の男性がその気になってくれたとしても、「やっぱり不倫は嫌だ」と踏みとどまることのできる女性は、次に出会う独身男性と幸せな恋愛ができる可能性が高まります。

目の前にある「両思いになれる幸せ」を手放すのは、決して楽なことではありません。相手からも好かれているのに、交際の機会をみずから捨て去るのは本当につらいことです。

ですが、人の道に外れた関係ではなくひとりになることを選ぶ勇気は、自分の心と体を大切にするため。どんなに好きであっても、先の見えない関係に身を置くのは決して良いことではありませんよね。

実際に不倫を思いとどまった女性からは、

「不倫なんかに使う時間がもったいないと思って。コソコソと隠れて付き合うのも嫌だし、親にも紹介できないなんて、付き合う意味がない」

という言葉もありました。

「付き合う意味がない」と思える心こそ正常であり、せっかくの愛情ならまともに向けられる独身男性がいい、と感じるのは当然のこと。

好きな気持ちを諦めるつらさは、次の恋で必ず報われます。自分の心と体、そして限られた時間を大切にしようとする姿勢が、いい男性との出会いを招いてくれるのですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます