オペラ界の横綱。秋にウィーン国立歌劇場が来日

2016.4.1 17:10配信
左から、マレク・ヤノフスキ(指揮)、ドミニク・マイヤー総裁 左から、マレク・ヤノフスキ(指揮)、ドミニク・マイヤー総裁

今年10月に4年ぶり9回目となる日本での引っ越し公演を行なうウィーン国立歌劇場。ドミニク・マイヤー劇場総裁、同行する指揮者のひとりであるマレク・ヤノフスキが出席して会見を開いた(3月30日)。

ウィーン国立歌劇場 チケット情報

R.シュトラウス「ナクソス島のアリアドネ」を指揮するヤノフスキの発言が、記者会見とは思えない興味深い内容だった。もともと歌劇場を中心にキャリアを積んできたと言ってもいいヤノフスキだが、1990年代からは歌劇場を離れ、オペラは演奏会形式でしか振っていない。そのきっかけが「ナクソス島のアリアドネ」だったのだという。

「10数年前に、あるドイツの劇場でこのオペラを観て、オーケストラ・ピットを去る決心をした」(ヤノフスキ)

演出優位の上演に嫌気がさしたのだという。その時の演出の具体的な中身は明かさなかったが、「歌手は客席に向かって歌うもの。しかしそうではない演出もある」と語る。

そのヤノフスキが今夏、バイロイト音楽祭で久々にピットに入るのを知ったマイヤー総裁がオファーしたのが今回の「ナクソス島のアリアドネ」だった。実は最後に劇場で振ったオペラもこの作品で、「運命を感じる」という。となると気になる演出は、ベヒトルフによる2012年制作の舞台。同年夏にはザルツブルク音楽祭でも上演されて好評を博した。

他の演目はワーグナー「ワルキューレ」(指揮:アダム・フィッシャー)とモーツァルト「フィガロの結婚」(指揮:リッカルド・ムーティ)。

「ワルキューレ」を含む「ニーベルングの指環」全4部作はウィーンでも毎シーズンのように上演される重要なレパートリーだが、日本に持ってくるのはこれが初めて。マイヤー総裁によれば、本当は全4演目を披露したいが規模が大きくなりすぎて引っ越し上演は不可能なのだという。

「フィガロの結婚」は4年前の来日公演でも上演したプロダクションだが、ムーティたっての希望で今回もプログラムに加わった。そしてこれもムーティの意向で、若手イタリア人歌手中心の布陣。ムーティは、「フィガロ」を含むダ・ポンテ3部作は言葉が大切で、それは上手に発音すればいいというレベルではない、細かいニュアンスの理解が必要なので、イタリア人歌手の起用が理想だと語っているそう。ムーティが認めた歌手たちによる上演に期待が高まる。

S席からD席の一般発売は6月4日(土)。E席・F席の一般発売は4月24日(日)から。至福の時間は厳しい争奪戦を勝ち抜いた先にある。

取材・文:宮本明

いま人気の動画

     

人気記事ランキング