二階堂ふみ、赤い金魚の化身を演じる 「17歳のころから映画にしたいと思っていた」

2016.4.2 15:47配信
“赤納め”を撤回した二階堂ふみ

 映画『蜜のあわれ』の公開記念舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏、韓英恵、渋川清彦、石井岳龍監督が登壇した。

 本作は、室生犀星が晩年に発表した小説『蜜のあわれ』を映画化したもの。犀星自身を想起させる老作家(大杉)と、彼がめでる少女の姿に変貌する金魚(二階堂)との無邪気かつエロティックな触れ合いを艶やかに描く。

 金魚の赤子を演じた二階堂は「17歳のころに原作を読んで、それからずっとこれを映画にしたいと思っていたので、実際にこの日を迎えられてすごく不思議な気持ちと言いますか…。やはり思い続けていたものが一つの作品になるというのはうれしいです」と感慨深い様子であいさつした。

 一方「今日で一区切りつくので“赤納め”ですね」と劇中やプロモーションで着続けてきた赤い衣装に別れを告げた二階堂。これを聞いた石井監督が「二階堂さん、赤いドレス、今日でお別れではなくて、ぜひあと1年ぐらいは着てください。すごく寂しいです」と懇願。二階堂も「1人でも多くの方に見ていただきたいので…。赤をもう少し着続けたいと思います」と笑顔で応じた。

 また、老作家を演じた大杉は「ちょうど1年前のこの日がクランクイン。書斎のセットで二階堂さんが赤いドレスで現れて『おじさま』というせりふだったのですが、その一言を聞いた時に、赤子がいる、金魚がいると思った。その時に、この映画はきっと人間のいろんなエレメント(要素)が散りばめられた、“味わえる作品”になると感じたんです」と振り返った。

 老作家への愛を募らせてこの世によみがえった幽霊のゆり子を演じた真木も「純文学の作家の狂気と危うさを1ページ1ページめくって読んでいるような気分だった」と本作の印象を語り、「赤子もすごくプリティーだったし…。本当に幻想的で、他の映画とは違う世界観が広がっています」と魅力をアピールした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング