波瑠「キリン 生茶」の新CMに登場 起用理由は「フレッシュに進化を続ける姿」

2016.4.4 4:5配信
本音の感想をアドリブで表現した波瑠

 女優の波瑠が出演する「キリン 生茶」の新CM「波瑠 ボトル篇」が、4日から全国で放送される。

 キリンビバレッジは「キリン 生茶」の発売16年の節目に、ボトル形状からフルリニューアル。3月中旬から、吉川晃司と吹石一恵が出演している新CMが放送中だが、3人目の出演者として、NHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインを演じた波瑠が抜てきされた。

 今回、波瑠を起用した理由について関係者は「日本茶という“正統”を受け継ぎながら、それに留まらないイノベーションにチャレンジする『キリン 生茶』の志が、大注目の若手女優として、フレッシュに進化を続ける波瑠さんのイメージに沿うこと。また、今回のCMテーマが本音の感想ということで、うそ偽りなくご自身の思いを率直に表現してくれそうな方、ということで起用させていただきました」と語っている。

 新CMでは吉川と吹石同様、波瑠も「キリン 生茶」を自身の本音の感想によるアドリブで表現。白い空間に浮かんだボトルに入った未知の生茶に出会った時に見せる、波瑠の表情と渾身(こんしん)の一言に注目だ。

 撮影日当日。鮮やかなイエローの衣裳に身を包んだ波瑠がスタジオ入りすると、現場の雰囲気は一気に華やかに。テーマが本音の感想ということで普段とは一味違う撮影に当初は戸惑った様子の波瑠だったが、撮影がスタートすると自身の言葉でさまざまな感想を表現した。また、別の篇での撮影では、色が「濃い」ではなく「濃ゆい」と、若い女性ならではのコメントも飛び出し、現場では感嘆の声が上がった。

 連日のドラマ撮影という超多忙スケジュールの合間を縫って行われた今回のCM撮影。それでも、最後まで笑顔で頑張った波瑠に、スタッフからは惜しみない拍手が送られた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング