影響を受けたのは“宮崎アニメ”。ピクサー新作短編の特別映像が公開

2012.4.27 12:00配信
『月と少年』 (C)Disney/Pixar.All rights reserved.

今夏に公開されるディズニー/ピクサーの最新作『メリダとおそろしの森』と同時上映される短編映画『月と少年』の特別映像がこのほど公開された、『メリダ…』と同じくピクサー社が製作を手がけた本作は、本年度アカデミー賞にノミネートされた作品だ。

『月と少年』特別映像

『月と少年』の主人公は、パパとおじいちゃんと初めて一緒に働きに出た少年だ。夜の海で小舟を浮かべる3人の前に大きな月が姿を現し、少年はこれまで知らなかった自分の家族の“秘密”を知ることになるという。監督を手がけたのは、2002年からピクサーのストーリー・アーティストとして活躍しているエンリコ・カサローザ監督。本作が初監督作ながらオスカー候補になるなど、その演出手腕に大きな期待が寄せられている。

ちなみにカサローザ監督は、宮崎駿監督の大ファン。『月と少年』の製作過程にも宮崎監督の『崖の上のポニョ』が大きな影響を与えているそうで「宮崎監督がスゴイのはすべての絵コンテを自分で描いているということ。ピクサーではチームで担当するんです。実は『月と少年』の場合、短編という事もあり、宮崎監督の真似をして僕がひとりで描いたんです。『崖の上のポニョ』の絵コンテを水彩画で描いたというのを知って、僕も全部水彩画でやったり」と笑顔でコメントしている。ピクサーと、宮崎監督が所属するスタジオジブリは長年、友好関係にあり、『トイ・ストーリー3』には、宮崎監督の名作『となりのトトロ』に登場するトトロのぬいぐるみが登場した。本作はジブリ作品と直接的な関係はないが、宮崎監督作品のファンであれば思わず笑みがこぼれる映像に仕上がっているのではないだろうか。

本作と短編『『ニセものバズがやって来た』と同時上映される『メリダとおそろしの森』は、自由を求めるあまり、王家の伝統をうとましく思っている王女メリダが、太古から続く森の呪いを目覚めさせてしまったことを機に、王国にかけられた呪いを解くために壮大な冒険を繰り広げるアドベンチャー大作。

『メリダとおそろしの森』
※同時上映『ニセものバズがやって来た』『月と少年』
7月21日(土) TOHOシネマズ日劇ほか全国公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング