人気ドラマ『グレイズ・アナトミー』生みの親が語る

2016.4.6 10:48配信
『グレイズ・アナトミー シーズン11』

人気海外ドラマ『グレイズ・アナトミー』シーズン11のDVDが本日発売になり、デジタル配信もスタートした。本シーズンで、最初のシーズンから出演してきたパトリック・デンプシー演じるデレクが物語から去るが、製作陣はデレクとどのように別れを告げるべきか悩んだようだ。シリーズの生みの親で、企画・製作総指揮を務めるションダ・ライムズのインタビュー映像が公開になった。

インタビュー映像

『グレイズ・アナトミー』は、天才外科医を母に持ち、日々、人の命を左右する現場に向き合う女性外科医メレディスと仲間たちを描いた人気ドラマ。デレクはメレディスの最愛の夫で、ファンからも人気もあるため、ライムズは「どうやって彼を本作から去らせようかと考えあぐねた」と振り返る。彼が長い旅行に出たり、離婚したりしてしまえば、メレディスとデレクの愛が嘘になってしまうため、ライムズは「意図的に去るようなことはさせられない」という方針の下で脚本家とストーリーを練り上げた。

長く続くドラマではキャストの交代や新規参加、降板などが発生するが、本スタッフは、ドラマの世界観を壊さないことにこだわったようで、ライムズはデレクを「理想の男性」とコメント。彼らが考え抜いた上で描いた“衝撃の展開”が気になるところだ。

『グレイズ・アナトミー シーズン11』
4月6日(水) 第1弾DVDレンタル開始
DVD コレクターズ BOX Part1発売、
シーズン11 一挙デジタル配信開始
4月20日(水) 第2弾DVDレンタル開始
DVD コレクターズ BOX Part2発売

いま人気の動画

     

人気記事ランキング