パナソニックが全自動BDレコーダー3機種、録画も消去も全自動で実行

2016.4.6 17:47配信
(上段左から)DMR-BRX7020、DMR-BRX4020、(下段)DMR-BRX2020

パナソニックは、ブルーレイディスク(BD)レコーダー「全自動ディーガシリーズ」の新製品として、「DMR-BRX7020」「DMR-BRX4020」「DMR-BRX2020」の3機種を5月20日に発売する。価格はいずれもオープン。

指定した複数のチャンネルを録り続け、古い番組を順に自動消去する「チャンネル録画」機能に対応し、録画予約や見終わった番組の消去などの手間がかからない。

初期設定の手順を大幅に自動化した「3ステップらくらく設定」を備えており、簡単に使い始めることが可能で、よく見ている番組の放送時間帯を診断して、録画する時間帯や録画モードを自動で提案する「おすすめ設定診断」も搭載する。

録画番組は、人気の番組やよく見る番組を自動で整理して表示する「新着番組」や、放送済みの番組を番組表形式で表示する「チャンネル録画一覧」から、見たい番組を簡単に見つけ出せる。また、見たいシーンを直接探せる「シーン一覧」や、残しておきたい番組を自動消去されない領域にダビングできる機能も備える。

「外からどこでもスマホで視聴」にも対応しているので、外出先からでもスマートフォンやタブレット端末から録画番組や放送番組を楽しむことが可能で、7月にはWindows向けの視聴アプリもリリースする。

「チャンネル録画」は、録画時間帯をこれまでの曜日別だけでなく、新たにチャンネル別の設定にも対応したほか、テザリング対応スマートフォンを使って、インターネット回線なしでも本体のインターネット機能を使えるようにする「スマートフォンでテザリング」機能を搭載した。

このほか、より美しい4K映像を実現する「4Kダイレクトクロマアップコンバート」や4K超解像/W超解像、4K動画やハイレゾ音源を含む音楽ファイルの保存・再生、家じゅう2か所に録画番組や放送番組を同時配信できる「お部屋ジャンプリンク」、YouTube、NETFLIX、hulu、Amazonビデオなどのインターネット動画サービスに対応する。

「DMR-BRX7020」は7TBのHDD、計11チューナーを搭載し、最大10チャンネル×28日間分を録画できる。税別の実勢価格は22万円前後の見込み。「DMR-BRX4020」は4TBのHDD、計7チューナーを搭載し、最大6チャンネル×36日間分を録画できる。税別の実勢価格は16万円前後の見込み。「DMR-BRX2020」は2TBのHDD、計7チューナーを搭載し、最大6チャンネル×16日間分を録画できる。税別の実勢価格は10万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング