手越祐也は「ちょっぴりセクシー過ぎ」 NEWSが胸キュンシチュエーションでデート演出

2016.4.6 18:42配信
写真は「なめらか肌触りVネックロングニットカーディガン」

 NEWSを広告キャラクターに起用したニッセンのTV-CM第2弾「ふれたい」篇が7日から全国でオンエアされる。今回は定番デートスポットを舞台に、メンバーそれぞれが視聴者を恋人に見立てて急接近する胸キュンシチュエーションを描く。

 CMの第1弾では“思わずさわってみたくなる”をテーマに見ている側(視聴者)がNEWS(=ニッセン)にさわりたくなるような場面を描いたが、今回はNEWSが自ら“ふれたい”と望み、見ている側に近付いてくるという真逆のシチュエーションが設定された。

 海や公園、夜景、観覧車といった定番デートスポットを舞台に、大好きな恋人と見つめ合うようなまなざしを向けるメンバーが心の中で「ふれたい」とつぶやき、それぞれのシチュエーションで急接近。その直後に、メンバーが何にふれたかったのか分かるというストーリーを通じてニッセンの「なめらか肌触りVネックロングニットカーディガン」の魅力を伝える。

 加藤シゲアキは海辺で追いかけっこをする中、相手との距離がどんどん近づくと前方に手を伸ばすというシチュエーションを担当する。撮影は砂浜のある海岸で行われ、加藤は極寒の中Tシャツ1枚という薄着ながら青春ドラマのワンシーンのようなカットを演じきった。

 雨の夜景をバックに停車中の車内では、小山慶一郎が運転席から助手席に向かって手を伸ばし、ぐっと接近する。夜のドライブという大人のロマンチックなシーンに臨んだ。増田貴久は公園の木のそばにたたずみ、壁ドンならぬ“木ドン”に挑戦した。かなりの晴れ男という増田が到着したとたんに微妙な空模様が一転、雲一つない青空に変わったという。

 手越祐也は都会の街並が一望できる観覧車の中で、向かい側から隣の席に移動するシーンをロマンチックに演じた。日本最大級の高さ100メートル以上を誇る観覧車でのロケーションで、「ちょっぴりセクシー過ぎ」とのダメ出しを受けながらも限られた時間内でしっかり演じきった。

 4人がそろうとそれぞれの個別シーンの撮影を振り返って会話に花を咲かせ、手越は「最初の1周目は監督に若干刺激が強いんじゃないかと言われて、2周目は少し対象年齢を下げて高校生のデートみたいな気分でやってほしいということだった」とやりとりを明かし、「高校生ぐらいの感じでと言うほどだから、1周目は相当……」(増田)、「セクシーだったんだろうね」(小山)と笑った。

 海辺で追いかけっこした加藤については増田が「足が遅いから走れなかったんじゃないの?」と厳しいツッコミで笑いを誘い、「果たして、シゲは女の子に追いついたんでしょうか」と期待を寄せた。また、最も大人のシチュエーションを演じた小山は「車の中で距離も近いし、そこでふれたいっていうのはちょっとドキッとしました」と振り返り、手越も「運転男子、女性は好きだから」と大きくうなずいていた。

 最後の全員集合カットではメンバー全員がレディースのカーディガンとインナーを身に着けており、ファンがメンバーとおそろいのコーディネートを楽しむこともできる。小山は「ぜひとも、僕たちが着ているカーディガンにさわってほしいと思います!」とファンに呼びかけた。

 新CMは7日から全国で放映される。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング