パナソニックがミラーレス一眼、ローパスフィルターレスセンサを採用

2016.4.7 15:11配信

パナソニックは、ミラーレス一眼カメラの新製品として、ローパスフィルターレスの16M Live MOSセンサと「新ヴィーナスエンジン」、進化した「Dual I.S.」を搭載した「LUMIX GX7 Mark II」を5月18日に発売する。カラーは、ブラック、シルバーの2色。価格はオープン。

有効画素数1600万画素のLive MOSセンサは、光学ローパスレスフィルターを取り除くことで、よりダイレクトにセンサが光を感知し、解像感の高い細部まで忠実な描写を実現。モアレや偽色を効果的に低減し、「マルチプロセスNR」によって解像感・質感を保ちつつノイズを抑える「新ヴィーナスエンジン」を備える。

手ブレ補正機能には、新たに回転方向のブレを追加した、5軸ボディ内手ブレ補正と2軸レンズ内手ブレ補正による「Dual I.S.」を搭載し、動画撮影時でも手ブレを強力に補正する。

撮影機能としては、撮影シーンや作品づくりに合わせて選択可能な三つの「4Kフォト」モードや、フォーカスポイントを変えながら「4Kフォト」で撮影し、撮影後に好きなフォーカスポイントを選べる「フォーカスセレクト」、質感表現を追求し、フィルムカメラで撮影したようなモノクロ写真を実現する「L.モノクローム」などを備える。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、UHS-I UHSスピードクラス3に対応する。ボディのみのサイズは幅122.0×高さ70.6×奥行き43.9mmで、重さは約426g。

税別の実勢価格は、ボディのみ(DMC-GX7MK2)が9万円前後、「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.」が付属する「単焦点ライカDGレンズキット」(DMC-GX7MK2L)が13万円前後、「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」が付属する「標準ズームレンズキット」(DMC-GX7MK2K)が10万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング