バッファロー、コンパクトな11ac無線LANルータ、「ビームフォーミング」も

2016.4.7 15:23配信
WCR-1166DS

バッファローは、IEEE802.11ac準拠の無線LANと、高速化技術「ビームフォーミング」に対応した無線LANルータ「WCR-1166DS」を5月上旬に発売する。税別価格は5500円。

IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANに対応し、無線LANでの転送速度は最大866Mbps(理論値)を実現した。スマートフォンなど室内を移動する端末を自動追尾することで、通信を安定化・高速化する「ビームフォーミング」にも対応する。

本体は、コンパクトな手のひらサイズなので場所を選ばず設置でき、テレビやレコーダーなどの接続が可能な100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1基を備える。

スマートフォン/タブレット端末向けアプリ「QRsetup」に対応し、PCなしでインターネット初期設定ができる。対応機器とボタンを押すだけで無線LAN接続が可能なAOSS/WPSも使える。

このほか、ファームウェアを自動更新する「自動アップデート機能」を搭載しているので、常に最新のファームウェアを利用することで脆弱性問題にも不安はない。

対応OSは、Windows 10/8.1/7/Vista、Mac OS X 10.11/10.10/10.9/10.8/10.7/10.6/10.5、Android 2.2以降、iOS 5以降。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング