青木玄徳は「同性愛の悲しいストーリーとか生えそう?」 山田裕貴主演の『闇金ドッグス2』公開

2016.4.9 14:31配信
5月21日から公開予定の『闇金ドッグス3』では主演を務める青木玄徳

 映画『闇金ドッグス2』初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の山田裕貴、青木玄徳、波岡一喜ほかが登場した。この作品は、闇金業界で生き抜くことを決意した元組長・安藤忠臣(山田)を主人公とした映画『闇金ドッグス』の続編。

 主演の山田は、「3月11日に撮影が終わりまして、撮って出しの状況でお届けします。タイトルに“闇金”と付いていますが、人間ドラマがちゃんと描かれているので、楽しんでいただければと思います」とアピールした。役柄に対する思い入れについて聞かれると、「安藤忠臣を演じているというよりも、生きてるという感覚で臨めたので、そういう成長も感じながら見られるんじゃないかなと思います」と手ごたえを語った。

 波岡は初共演という山田の印象について、「もっとやんちゃで怖い人かなと思ってたけど、会ったらすごく好青年でお芝居にちゃんとしてて…。おどおどして、挙動不審で、素晴らしいなと思った」と冗談交じりに話すと、山田も「(波岡が出演する)バリバリの『クローズ(ZERO)』世代だったので、共演できるのはすごくうれしかったです」と振り返った。

 また、「撮影期間に何か面白エピソードはない?」と無茶振りされた青木は、共演した伊藤裕子について「伊藤さんが面白かったなあ。『青木君って同性愛の悲しいストーリーとかやったら生えそうだよね』って言われて…。どういうこと?って(思った)」と明かし、会場の笑いを誘った。

 映画は新宿バルト9ほか公開中。 配給:AMGエンタテインメント

いま人気の動画

     

人気記事ランキング