ユニットコムがグッドウィルを子会社化、顧客目線で考えるビジネスモデル強化

2012.4.27 18:39配信

パソコン専門店を展開するユニットコム(大野三規社長)とグッドウィル(田中満祐社長)は、4月26日、同日開催した取締役会で、ユニットコムがグッドウィルの株式を取得し、子会社化することで基本合意したと発表した。

グッドウィルは、2007年1月からユニットコムとの間で戦略的業務提携を展開しているが、これをユニットコムの子会社に発展させることによって、早期に体制を固める。

両社は今後、お互いの経営資源を最大限に活用・結集し、ブランドイメージの全国的な確立、認知度アップとともに、ノウハウの融合によるサービスや商品の多様化などを進め、顧客目線でものごとを考える小売業としてのビジネスモデルを強化する。

また、経営効率化によって有形無形の相乗効果を創出することで、顧客の利便性とPC、関連商品に特化した小売事業の競争力向上を図る。

現段階で、ユニットコムの売上高は331億1000万円(11年3月期)、店舗数は91店で、社員は648人。グッドウィルの売上高は95億100万円(11年3月期)、店舗数は15店(ショップイン店除く)で、社員は123人。グッドウィル子会社化後の組織・運営形態については、協議のうえ別途発表する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング