【ヘアケア】オイル、ミルク、ゲルタイプ…「アウトバストリートメント」の正しい選び方

2016.4.12 6:30

洗い流さない、お風呂上りにつけるトリートメントを「アウトバストリートメント」といいますが、オイル、ミルク、ゲルタイプなど種類がたくさんあります。そこで今回はそれぞれの特長をご紹介します。自分に合うものを選んで、サラツヤ髪に近づきましょう!

洗い流さない、お風呂上りにつけるトリートメントをアウトバストリートメントといいますがオイル、ミルク、ゲルタイプなど種類はたくさんあります。

まずはアウトバストリートメントのタイプから自分に合うものを選んで簡単にサラツヤ髪に近づきましょう!

オイルタイプ

オイルタイプのものは、アウトバストリートメント後のドライヤーやアイロンの熱から守る効果が高いのです。痛んでいる髪よりも、痛まないように保護する力が高いのでヘアカラーやパーマ後の痛みやすい敏感な髪にぴったりです。

痛んでいない人でもオイルタイプを使うことで、痛みから守れてサラサラ髪に。

ミルクタイプ

ミルクタイプは、髪の内部を修復してくれる働きがあり、保湿力が高いものが多いです。

すでに痛んでしまった髪にぴったりなトリートメントなのですが、熱から守る効果があまりないのでオイルタイプの物を少しつけた後、痛みの激しい所にミルクタイプの物をつけるようにして使いましょう。

ミルクタイプを使うことで、しっとりした質感の髪になれます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント