“健&タッキー”で滝沢歌舞伎開幕! 三宅健「おいしい関係は続きます」

2016.4.11 15:3配信

 舞台「滝沢歌舞伎2016」が10日に初日を迎え、東京都内で通し稽古を公開。会見には出演者でタッキー&翼の滝沢秀明、V6の三宅健が出席した。

 滝沢主演の本作は2006年に「滝沢演舞城」としてスタート。10年目の昨年にはシンガポールで初の海外公演が実現した。今年はジャニーズ事務所の先輩である三宅が参加、第2部は滝沢が初めて脚本、演出を手掛けた「鼠小僧」を上演するなど舞台構成もガラリと変化し、滝沢と三宅によるフライングやデュエット曲も披露する。

 滝沢は、11年目の公演について「(三宅は)僕とは見ている部分が違う。自分が出ていないシーンにもアドバイスを頂いた。11年目を迎えた滝沢歌舞伎を見直すという意味でもすごく良かった」と大きな刺激を受けていることを語った。

 一方、三宅は「滝沢はこんなに大変なことをしていたのかと。初めてやるので踊りも殺陣もどれも大変」と謙遜しつつも、通し稽古では見事な立ち回りやソロシーン、そして舞台の名物でもある“腹筋太鼓”も、滝沢やジャニーズJr.と共に上半身をあらわに力強く披露。また、手話を交えたダンスパフォーマンスもあるが「滝沢からのオファーで『健くんしかできないことをやってほしい』と。感情を伝えたいと思ったので、意訳した手話を取り入れている。ろうの方が見てもすぐに意味が分かる振りです」と語った。

 滝沢流にアレンジを加えた歌舞伎の名場面の数々では、女形の滝沢が三宅との舞いも披露。三宅は「きれいな女性を目の前にして、抱くつもりでやっている」とノリノリで話せば滝沢も「(三宅は)Sですよね」と“応戦”。滝沢と三宅は舞台上で“生化粧”をするが「化粧がうまくいかないとテンションが下がる」と笑わせた。

 また、滝沢は稽古中の3月29日に誕生日を迎えたが、稽古場での祝いもあり、三宅からプレゼントももらったそう。「黒で春仕様ハットを。僕が普段かぶっているハットのメーカーを調べてくださって。びっくりしました」と喜んだ。

 舞台のエンディングでは滝沢が作詞を、三宅が作曲を手掛けた「Love」を全員でパフォーマンス。三宅は「滝沢が番組に出ているときに『親孝行するのが苦手だ』と言っていた。そういう人が身近な人への感謝を歌うのはいいなと。ありがとうが愛につながるというのをテーマに書きました」と曲に込めた思いを語った。

 制作発表で三宅が『健&タッキーというおいしい関係になれたら』と語ったことで、二人での「ケンタッキーフライドチキン」の新CM出演も決まるなど、発展を見せる二人での活動。報道陣から今回の楽曲「Love」のリリース予定を問われると二人は「望まれるなら」と意欲を見せ、三宅は「おいしい関係は続くってことですね」と笑顔を見せていた。

 舞台は5月15日まで都内、新橋演舞場で上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング