バスケ日本代表の新愛称は「AKATSUKI FIVE」!

2016.4.11 17:55配信
写真左から竹内譲次、比江島慎、田臥勇太、吉田亜沙美、山本千夏、渡嘉敷来夢 写真左から竹内譲次、比江島慎、田臥勇太、吉田亜沙美、山本千夏、渡嘉敷来夢

4月11日、日本バスケットボール協会は、日本代表チームの新ニックネームとユニフォームを発表した。これまでの「ハヤブサジャパン」を一新し付けられた新しい愛称は「AKATSUKI FIVE」。チームカラーである黒×赤を日出ずる国・日本の日の出=“暁の空の色”になぞらえ、さらにコートで戦う5人の選手=“FIVE”を組み合わせて命名した。

【チケット情報はこちら】

会見では新ユニフォームも披露。女子日本代表の渡嘉敷来夢が「昨日初めて新ユニフォームを見たが、今までと違ってメインカラーが赤になったことにすごくビックリした。皆さんもご覧になって分かると思うのですけど、自分自身、すごく赤色も似合うなと感じています!(笑)」とコメントし会場を沸かせると、キャプテン・吉田亜沙美は「私も渡嘉敷選手に負けないように、この赤のユニフォームが似合う日を心待ちにしたい」と続けた。また、吉田は「『リオ五輪』に向けて女子日本代表も合宿が始まった。“メダルへの挑戦”をスローガンに世界を戦っていきたい。バスケットボールファン以外の方々にもバスケットボールの楽しさを伝え、感動を与えられるように精一杯オリンピックの舞台でプレーしたい」と気を吐いた。白のユニフォームを着用した山本千夏は「白もメインカラーの赤もとても良い色。このユニフォームがより強く輝いて見えるように、頑張っていきたい」とコメントした。

男子日本代表・竹内譲次は新ユニフォームについて「赤と黒のモチーフが日本にマッチしている。着ていて自分自身でもかっこ良さが2割り増しになった気がします」と笑いを誘うと、比江島慎は「今日初めて着ましたが、とても気分が良いです。全身白で爽やかな感じで、よく似合っていると思う。これから活躍もしっかりしたい」と新しい戦闘服にご満悦。田臥勇太は「赤色が入るとユニフォームらしさがより出て、着ていてすごくやる気が出る」と語り、7月4日(月)~10日(日)にセルビアで行われる『リオ五輪』最終予選を前に「川淵会長から“奇跡を起こせ”と言われている。なんとしてでも奇跡を起こせるように、(今日会見に臨んだ)僕や比江島選手、竹内選手が先頭に立って必死になって戦う。このユニフォームが輝くように、全力を尽くす」と意気込んだ。

『リオ五輪』でも同じA組のオーストラリアを迎えて行う『バスケットボール女子日本代表国際強化試合2016』は5月7日(土)・シティホールプラザ アオーレ長岡、5月9日(月)・10日(火)・国立代々木競技場 第二体育館でティップオフ。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング