韓国テレビ番組ガイド&情報 ドラマ&K-POP、バラエティ

【写真満載】2PM、WINNER、TWICE…話題のK-POPアーティスト集結 ライブの見どころはここだ!<後編>

4月9日・10日、千葉・幕張メッセ国際展示にて開催されたK-Cultureコンベンション型フェスティバル「KCON 2016 Japan」。中でも人気のライブ『KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN』の模様を、ポイントごとにまとめてレポート! 放送前の予習にもどうぞ!!

「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWNCON」

2012年のアメリカをスタートに、K-POP、K-DRAMA、K-BEAUTY、K-FOODなど韓国の多様な文化を経験することができるK-Cultureコンベンションとして世界各国で開催されてきた「KCON」。日本での開催は昨年に続き2度目となる。このコンベンション型フェスティバル「KCON 2016 Japan」が4月9日・10日、千葉・幕張メッセ国際展示で開催された。

ファンにとってうれしいのは、何といっても両夜に行われるWorld No.1 Chart Show『M COUNTDOWN』ライブで、リアルタイムで韓国最旬のアーティストと楽曲のパフォーマンスが見られること。『KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN』ならではの貴重なライブの模様を、ポイントでまとめてレポート! 放送前の予習にもどうぞ!! 

★Block Bジコ、INFINITEソンギュ他…ライブレポート前編はこちら

MONSTA X、WINNERほか
話題のボーイズグループが大集合(2)

MONSTA X 初来日ステージを堂々のパフォーマンスで飾った

MONSTA XはSISTAR、K.will、BOYFRIENDら所属する芸能事務所STARSHIPエンターテインメントがMnetとタッグを組み放送した練習生のデビューサバイバル番組『No.MERCY』からデビューしたグループ。

まずジュホンが「What’s Up Japan、“行くぞ!”この舞台を見ろ、突き進むKCON」とラップすると、I.M(アイエム)が「俺の夢はクローズZEROの源治。1個ずつ成し遂げる、“いち、に、さん、し”」と返し、ふたりで「ここはKCON、Japan大きな舞台で遊ぶ、呼んでくれて“ありがとう、ありがとう”」と日本語を交えたラップパフォーマンスで場を盛り上げる。しかも、これがマンネライン(末っ子たち)というのも恐るべし。このラップ詞は、Mnetでの放送で字幕が入ると思うので、ぜひチェックしてほしい。

トップバッターのプレッシャーも感じさせずに会場を温めた後のデビュー曲『無断侵入』ではファンから大きなコールに驚かされた。2曲めはメロウな『素直に言おうか』、3曲目は再びK-POPらしいキレキレ群舞の『HERO』と、短いながら緩急のしっかりついたパフォーマンス。

MCで日本語がまったくできなかったことは残念だが、韓国デビューからまだ1年未満。日本での初ステージで、余裕さえ感じさせる完璧なステージを見せたのはサスガ。ビジュアルもパフォーマンスも文句なし。今後の日本での活動が楽しみだ。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント