“欠点だらけ”の子があっという間に変わる! 「リフレーミング」をすべき理由

親って子どものできていない部分を見つける天才だと思うんです。そして年中無休の怒り屋さんに変身。でも、見方を変えると短所が長所に見えてきます。実際、親から見て短所と思っていたことが子どもの強みだったりするんです。

こんにちは。『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子です。

bc8aaed64c121ac5e20bd637a64ce09b_s

この林檎、かじってあるところが一ヶ所あったら、そこばかり気になってしまいますよね。

このように、人って“欠けている部分”に目が行ってしまうんです。

特に自分の子どもに対しては、こうであってほしいという理想や期待があるのでどうしても「ここがもっと改善されれば・・・・」と思ってしまうんですね。

我が子を“低く見積る”親は多い。

私はかつて小学生に指導をしていました。2タイプの子どもがいました。

(A君)

プリントの問題にすべて解答しているのですが、文字が雑でケアレスミスが多い子でした。
数字の「6」も適当に書くので「0」に見えています。

その親は「うちの息子は雑で困る」と相当、悩んでいました。学力が低くないのでじっくり取り組めば回答できる生徒ですが、判別不能なので×がついていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※写真は仮名での再現です

(Bちゃん)

毎回、時間切れで全部の問題に解答できません。できる問題も空欄のままです。
文字は綺麗なのですがじっくり取り組みすぎる子。

この親は神経質で丁寧すぎることを悩んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA※写真は仮名での再現です

どちらもそれぞれの性格により、このような結果になっています。

でも、おおざっぱな子に「緻密になれ」と要求しても無理なこと、じっくり取り組みたい子に「適当にささっとやりなさい」といってもなかなかそれは出来ません。

でも、私は思うんです。「A君のおおざっぱなところが長所、Bちゃんの丁寧なところが長所だ」と…

また、忘れ物ばかりする生徒は「忘れ物をするだらしがない子」の悪い評価を受けてしまいますが、忘れ物ばかり気にして神経質になっている子どもの親から見れば「細かいことを気にしないおおらかな子」として映っていたりするんです。

このように“ないものねだり”するのが親です。
そればかりでなく、強みの部分も“直さなくてならなに部分”と感じて叱り過ぎてしまったりすることも。

でも、見方を変えると悩みも少なくなります。
それから叱る回数が激減するんですよ!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント