Garmin、ウェアラブル端末2機種、4月21日に発売

2016.4.13 12:37配信
「fenix 3J Sapphire Titanium」と「vivofit 3」

GPS機器メーカーのGarmin Corporationは、ウェアラブル端末の新モデルとしてGPS機能が付いたスマートウォッチ「GARMIN fenix 3J」と、手首に巻いて1日の活動量などを測定できるフィットネスバンド「vivofit 3」を4月21日に発売する。

「fenix 3J Sapphire Titanium」は、GPS機能のほかに高度計や気圧計、コンパスを搭載する。100m完全防水でランニングやゴルフ、水泳、サイクリングなど、より多くの場面で活用できる。軽さと耐久性を両立させるため、ガラスには傷に強いサファイアガラスを使い、ベゼルとメタルバンドには「ダイヤモンドライクコーティング」を施したチタンを使用した。

アウトドアだけでなく、タウンユースやビジネスユースも想定し、カラーは落ち着きのあるマットブラックに。スマートフォンとBluetoothで接続し、着信やメールの通知を受信したり、音楽を再生したりできる。ダウンロードサイトからアイテムを入手し、ディスプレイの表示を変えることも可能。ディスプレイは幅縦ともに30.4mm。時計モードで約6週間稼働する。税別価格は13万8000円。

「vivofit 3」は、電池交換なしで1年間の連続使用が可能。初のカラーディスプレイを採用し、従来品に比べて表示が見やすくなった。気分に合わせてバンドを変えられる。50m完全防水の機能を備えており、濡れやすいランニングや水泳時の消費カロリーや運動時間なども確認できる。今後、運動種目を自動的に検知する機能を導入する予定。ディスプレイは幅10×縦25.5mm。税別価格は1万1852円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング