『冬の小鳥』監督の6年ぶりの新作が今夏公開決定

2016.4.13 15:00配信
『めぐりあう日』

『冬の小鳥』で高い評価を得たウニー・ルコント監督の6年ぶりの新作『めぐりあう日』が7月に公開されることが決定した。30年の歳月を経てめぐりあう母と娘のドラマが描かれる。

ルコント監督は孤児になるも養子としてフランスに旅立つ少女のドラマ『冬の小鳥』を実体験を基に描き、日本でも好評を得た。新作では、産みの親を知らずに育った理学療法士の女性エリザが、自身の運命を見つめながら、少しずつ母に近づいていく過程を描いていく。

『君と歩く世界』『灼熱の肌』のセリーヌ・サレットが主演を、仏映画界を代表する撮影監督キャロリーヌ・シャンプティエが撮影を務めている。

『めぐりあう日』
7月30日(土)より 岩波ホールほかにて全国順次ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング