ジブリ作品の展覧会が開催決定!「耳をすませば」監督・近藤喜文の貴重な原画などを展示

ジブリを支えた近藤喜文によるアニメーションの世界を描いた展覧会が、4月27日より阪急うめだで開催。監督作品「耳をすませば」の原画などが約500点展示されます。

近藤喜文展「耳をすませば」1995年 © 1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

「耳をすませば」で監督を務め、数多くのジブリ作品を手がけたアニメーター・近藤喜文(こんどう よしふみ)の作品展「近藤喜文展」が、4月27日より大阪・阪急うめだにあるギャラリーで開催されます。

会場には「耳をすませば」「火垂るの墓」「魔女の宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」といったジブリ作品の原画のほか、唯一の長編監督作品「耳をすませば」の絵コンテやアニメーション原画、イメージボード、スケッチなど、約500点が展示されるそうです。

近藤喜文展近藤喜文(こんどう よしふみ)

近藤喜文さんは、多くのジブリ作品を手がけた日本屈指のアニメーター。スタジオジブリの高畑勲監督と宮崎駿監督から厚い信頼を寄せられ、1998年に47歳の若さで逝去するまで多くのテレビアニメや映画に関わりました。

高畑勲が演出を務めたTVアニメ「赤毛のアン」(1979年)では、キャラクターデザインと作画監督を担当。高畑勲の要求に応えながら描いたキャラクターデザイン画や原画は、1枚1枚が見ごたえたっぷりです。

同じくキャラクターデザインと作画監督をつとめた「火垂るの墓」(1988年)や「おもひでぽろぽろ」(1991年)では、表情の考察と試行錯誤を繰り返した、リアリティ溢れるキャラクター表現への挑戦が見どころのひとつ。キャラクターが生き生きと動き出すまでの断片を、スケッチや原画でじっくりと堪能したいですね。

作品のイメージを膨らませるために手描きしたイメージボードも多数展示。惜しくも公開にはいたらなかった、近藤喜文が監督を手掛けた日米合作フルアニメーション「リトル・ニモ」(1984年)の動画など、貴重な資料も見逃せません。

作品展の会場ではポストカードやクリアファイルなどのグッズも販売される予定で、会場限定グッズのほか、東京「三鷹の森 ジブリ美術館」限定グッズも特別に販売されるとのことです。

開催概要

期間:4月27日(水)~5月9日(月)
場所:9階 阪急うめだギャラリー
時間:日~木曜日 午前10時~午後8時 金・土曜日 午前10時~午後9時
※催し最終日は午後6時閉場
入場料:一般900円 大学生・高校・中学生700円 小学生以下無料

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント