モテる“キラキラ女子”に劣等感…。オクテ女子のための「自信のつけ方」3つ

2016.4.18 6:30

自信がないのに“キラキラ女子”と出会ってしまった場合、どのように自分をコントロールすれば良いのか、また、「むしろ、私だって自信を持って生活したい」と思う人がどう自信をつけたらいいのか、そんなお悩みを解決します。

IMG_2010

4月は出会いの季節。学校や会社で新たな出会いが待っています。異性との出会いは楽しみなものですが、同性ともなると少し面倒なことも。特に自信満々なキラキラ女子との遭遇は、ネット依存のオクテ女子からすると、気分が滅入るシーンではないでしょうか。

煌びやかな毎日を過ごしているキラキラ女子は、恋愛や仕事はもちろん順調。自分磨きにも時間とお金を使っていて、そのライフスタイルは雑誌で見たような世界。近くにそんな女性がいると、「私なんか……」とすっかり自信をなくしてしまいます。

今回は、そもそも自信がないのにキラキラ女子と出会ってしまった場合、どのように自分をコントロールすれば良いのか、また、「むしろ、私だって自信を持って生活したい」と思う人がどう自信をつけたらいいのか、そんなお悩みを解決します。

書籍『オクテ女子のための恋愛基礎講座』の著者・アルテイシアさんは、自信をもつためには「SNSを控えるべき」と自著で語っています。これはどういうことでしょうか。同書を開いてみました。

SNSを控えることで“他者評価”に振り回されない

ツイッターやフェイスブック、そして今ならインスタグラム。これらを見ていると、「皆はなんてキラキラした毎日を過ごしているのだろう」と焦ることもあるでしょう。

「朝6時に起きてヨガをしてから季節の果物とヨーグルトを堪能」「お金持ちからホームパーティーに招かれ、お昼からシャンパン」「これから海外出張、レッドブル飲んで気合(キリッ)」……、噓みたいにキラキラした毎日に圧倒されたことも。

しかし、これらのSNSで投稿されるような投稿は真に受けないことが吉。「スルーするかツッコミを入れるべき」とアルテイシアさんは指摘します。

「SNSにハマると、『他人にどう見られているか』という思考パターンが染みついてしまい、他者評価に振り回されるクセも直りません。自分で自分をいいね!と思うことが大切なのに、いいね!の数が少ないと不安になったりとか」オクテ女子のための恋愛基礎講座

確かに、自分がいいね!と思って投稿しているのでそれでいいはず。しかし、いいね!数が少ないと、「皆に受け入れられていないのでは……」と不安になってしまいますよね。このような思考パターンは要注意。心当たりある方は、SNSを少し控えてみてはいかがでしょう。

実際に離れてみると、そんなに私生活に影響がないことに気づきます。「他者評価」が気になり出したなら、ぜひ、SNS離れを。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント