高良健吾「こういう時だからこそ舞台に立ちたい」 地元熊本への思いを胸に舞台あいさつ

2016.4.16 17:16配信
「本当は不安なので…」と心境を吐露した高良健吾

 映画『蜜のあわれ』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の大杉漣、高良健吾と石井岳龍監督が出席した。

 舞台あいさつの冒頭、石井監督が熊本地震について切り出した。「熊本と縁の深い高良くんも、心配だと思いますが来てくれました。これからの推移を見守り、何ができるかをしっかり見守っていきたいと思います」と語った。

 大杉は午前中に高良と話したという。「大変なことが今現在も続いていますが、『高良くんはどうする』と聞いたら、『こういう時だからこそ舞台に立ちたい』と彼は力強く言いました。僕が言わなきゃいけない言葉を高良くんからもらって、背中を押してもらうような形で今日来ました」と話し、固い決意の上で出席したことを明かした。

 スーツ姿で登壇した高良は「今日は見に来てくださってありがとうございます。確かに自分の地元が地震で大変なことになっています。だからといってこの舞台に立たないという選択はない」と言葉をかみしめるように語り「こちらでしかできないこともあるし、あちらでしかできないこともある。自分は今与えられた仕事がここ。短い間ですが楽しんでいってください」と気丈に語った。

 その後は、共演作も多い大杉と高良が撮影現場でのエピソードを披露し、互いの強固な信頼関係も明かした。報道陣向けの写真撮影後には大杉が高良に耳打ちし、「映画のために写真を撮っていただいて結構です。今日はそういう日だったんだと思います。高良くんも快く引き受けてくれました」と集まった観客にも写真撮影を勧めた。

 最後に高良は「映画の舞台あいさつなので映画のことだけで終わりたいけど、本当は不安なので…」と心境を吐露し、「こうして写真を撮ってくださった方は、少しでも熊本のことを気に掛けてくれたり、ちょっと何か思ってくれるだけでいいので。それをしてくれるとうれしいです」と呼び掛けた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング