デンゼル・ワシントンが悪に染まる! 『デンジャラス・ラン』の日本版特報&ポスターが到着

2012.5.1 15:12配信
『デンジャラス・ラン』ポスター

2月に全米公開され大ヒットを記録したデンゼル・ワシントン主演最新作『デンジャラス・ラン』の日本版特報とポスター画像が到着した。

日本版特報動画

本作は、CIAが取り調べなどを行う“隠れ家”の管理を任されていた新人工作員(ライアン・レイノルズ)が、何者かに命を狙われる大物犯罪者(ワシントン)を連れて危険な逃避行に出る羽目になってしまうというサスペンスアクション。全米では7週連続トップ10入りを果たすロングヒットを達成し、ワシントンの主演作としては『アメリカン・ギャングスター』に次ぐ歴代2位の興収を記録している。

本作でワシントンが演じるトビン・フロストは、かつて伝説のCIAエージェントとして名を馳せたが、現在は最高機密情報を世界中に売り歩いているという、悪に染まってしまった男。このほど公開されたポスター画像でも、“世界36か国で指名手配”“14の国籍を使い分け、人の心を操る天才”“アメリカ国家の裏切り者”などとフロストのキャラクターが強くアピールされており、なぜ彼が“悪人”へと変わってしまったのか、という点が物語のカギとなりそうだ。ワシントンといえば、真面目で優等生的な役柄の印象が強い演技派だが、近年では積極的に悪役にも挑戦しており、強烈な悪徳刑事を演じた2001年の『トレーニング・デイ』では、念願のアカデミー主演男優賞を受賞している。本作はまさにその系譜に連なる作品であり、今回の特報でもデンゼルの“悪のカリスマ”ぶりを存分に確認することができる。

『デンジャラス・ラン』
9月TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング