柳楽優弥「世代交代」を高らかに宣言! 菅田将暉も感服「本当に怖かった」

2016.4.21 21:17配信
「世代交代です!」と柳楽優弥

 映画『ディストラクション・ベイビーズ』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、真利子哲也監督が登場した。この映画は、ストリート・ファイトを繰り返す野獣のような若者の欲望と狂気を描いた衝撃作。

 日々、けんかに明け暮れる主人公・泰良(たいら)を熱演した柳楽は「代表作の一つにしたいという思いで挑みました」と撮影を述懐。これまでのインタビューでは、完成作を見た感想として「自分が参加していなかったら嫉妬していた」「世代交代として位置づけできる作品」と語るなど手応えをにじませていたが、この日も「世代交代です!」と高らかに宣言して、観客から拍手を浴びた。

 そんな泰良に興味を持ち、近づいていく若者・裕也を演じた菅田は、柳楽の印象について「普段はすごくフレンドリーでフワフワしているのに、現場ではお芝居と分かっていても本当に怖かった」とその気迫に圧倒されたことを明かし、「世代はそんなに変わらないにもかかわらず、イメージ以上に“大きい人”。覚悟が違う」と絶賛。これには柳楽も「それ、超うれしい」と喜んでいた。

 一方、泰良たちの“遊び”に巻き込まれる少女・那奈を演じた小松は、今回の役作りのため、人生で初めて髪を染めたと言い「それが別の人を演じる気合いにもなったし、孤独や恐怖を感じながらの撮影だったけど、今までとは違う新しい顔を撮ってもらえた思う」と充実の笑みを浮かべた。

 また、菅田演じる裕也から手を挙げられるシーンもある小松は、「気を使われるのが嫌だった。“振り”は難しいので、ビンタされるなり殴られるなりちゃんとしたくて、『当ててください』と言ったら、(菅田から)『もちろん当てるつもりだった』と言われた。ああ、そういう人なんだと思った」と暴露して笑いを誘った。

 菅田は「小さなノリですよね」と弁解しながら「(僕に殴られたのが)相当痛かったんでしょうね。映画のラストの方を見てほしい。僕が(小松さんに)やられるシーンがあるけど、すっごく痛かった。人生で一番痛かった。骨がきしんだことってある?」と小松からの思わぬ“反撃”を苦笑いで振り返っていた。

 映画は5月21日からテアトル新宿ほか全国公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング