振られても諦めないで! “再アプローチ”で恋を叶える3つのコツ

2016.4.23 6:30

意を決して告白したものの、振られてしまったときのショックは相当なものです。今回は、諦めがつかないときのための、再アプローチのコツをご紹介します。

意を決して告白したものの、振られてしまった……告白経験者なら、この体験をした方もいるでしょう。覚悟をしていたとはいえ、振られたときのショックは相当なものです。

もしも振られてしまっても諦められないのなら、2度目の告白をおすすめしますよ。実は2度目の告白で成功するというパターンもあるのです。

今回は、2度目のアプローチで成功したエピソードとその成功法をご紹介します。

振られたのに結婚まで行き着いた女性

筆者の友人には、2回目の告白でOKをもらい結婚まで行き着いた女性がいます。今は可愛らしい子どもも産まれ、毎日楽しそうに過ごしていますよ。

当時、彼女は振られても彼を諦めきれなかったそう。悩みに悩んで、彼女は時間をおいて彼に再度アタックしました。すると今度は無事に気持ちを受け入れてもらえ、今の彼女がいるのです。

さて、彼女のように再アタックで成功するためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

1度目の告白は準備運動と考える

告白することで、男性は「あの子は俺に好意をもっている」ということをハッキリ意識するようになりますよね。これがとても大切です。

人は誰かに好かれると、相手のことを好きになる傾向があります。もちろん必ずとは言えませんが、告白することでその可能性を引き出すことができるでしょう。

まずは告白して相手に意識してもらう。1度目の告白でOKならそれはそれでいいですが、NGだったとしても1度目の告白は準備運動と思えばいいのです。

振られたとしても落ち込まず、「本番はここからだ」と前向きな気持ちでいてほしいですね。

アタックは中断し自分のダメなところを改善する

相手から意識してもらえるようになったとしても、1度は振られているのですから、今までの自分のままでは進展しにくいでしょう。

もしも振られた原因がなにかわかっているのなら、まずはその原因をなくすように努力してみてください。原因がわからないようなら、周囲の人にそれとなく探りをいれてもらうか、予想するかしかありません。

いずれにしても、まだ相手に意識してもらえているうちに自分のダメな部分を改善してくださいね。この改善期間はアピールやアタックを中断しましょう。短期間のうちにアタックしてしまうと、「しつこい女」と思われてしまいます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント