古舘寛治、神木隆之介宅を“お忍び”訪問? 「2人だけの秘密にしていたのに」

2016.4.23 14:32配信
(左から)古舘寛治、神木隆之介、門脇麦

 映画『太陽』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、門脇麦、古舘寛治、入江悠監督ほかが登壇した。

 本作は、原因不明のウイルスの拡散によって人口が激減した21世紀初頭を舞台に、太陽の下では生きられないが、若く健康な肉体と高い知能を有する新人類“ノクス”と、太陽の下で自由を満喫しつつも、暮らしは貧しい旧人類“キュリオ”の対立と決断を描く。

 主人公の奥寺鉄彦を演じた神木は「撮影はおととしの冬。長い月日を経てやっと今日という日を迎えられてうれしいです」としみじみとあいさつした。

 神木は、完成作を見た感想を「まだ自分でも全部は理解できていない」と率直に語りつつ「今回、僕が感じたのは、今の自分の年齢、環境で感じたことであって、5年後、10年後に見たらまた違うことを感じるんだと思う。自分の心の中でどんどん育てていくような作品になっていると思う」とアピールした。

 一方、キャスト同士の交流も深まり「撮影後に、神木が古舘を自宅に招いて将棋を指した」というエピソードも披露された。この話題を“ツイッター上”で知ったという古舘は「本当にびっくりした。こっそりマスクをして神木くんちに行ったのに。内緒で2人だけの秘密にしていたのに…」と嘆いた。

 これを聞いた神木は「一緒に唐揚げとかポテトとか買ったじゃないですか!」とオープンな訪問であったことを強調した。

 さらに古舘が「彼が今、将棋物の作品をやっているらしくて、その将棋の練習したくて“いいカモ見つけた”みたいな…。それぐらいの話です」と自虐的に語ると、神木は「ずっと現場でも一緒にお弁当食べていたじゃないですか!」と返した。

 最後は、気を取り直した古舘が「(神木とは)芸能人の中で一番仲がいいです!」とアピール。これには神木も「ちょっと言い方が…」と困惑した様子で、笑いを誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング