神木隆之介、主演を務めた異色SF『太陽』は…

2016.4.23 20:31配信
神木隆之介

劇作家・演出家の前川知大率いる劇団イキウメの同名舞台を実写映画化した『太陽』の初日舞台あいさつが4月23日に、東京・角川シネマ新宿で行われ、前川氏をはじめ、主演の神木隆之介、門脇麦、古館寛治、メガホンをとった入江悠監督が登壇した。

初日舞台あいさつ/その他の写真

ウイルスによって人口が激減した21世紀初頭を舞台に、太陽の光に弱くなった夜行性の新人類“ノクス”、彼らに管理されながら貧しく生きる旧人類“キュリオ”が繰り広げる闘争と葛藤をSFタッチに描く。

ノクスに憧れを抱くキュリオの青年・鉄彦を演じた神木は、「出演した自分でも、全部を理解しきれない部分があって、後からジワジワ来る」と世界観に圧倒された様子。それでも、「今の自分が感じることも、5年後、10年後には全然違うはず。自分の心の中でどんどん育つ作品」とアピールした。

門脇は、同じくキュリオの村に住む幼なじみの結を演じ、「新しいものを生み出そうとする熱気が静かに漂っていた。昼夜問わずの撮影で、大変なスケジュールだったが、とても幸せな現場」と手応えは十分。「SF的な設定だからこそ、客観的に現代に通じる問題が描かれている」と見どころを語った。鉄彦の父を演じた古館は、「普段はピンポイント俳優ですが(笑)、今回は“いい男”役で、割とたくさん出ています」と笑いを誘っていた。

2011年の初演直後から映像化に奔走した入江監督は、「舞台を見て、率直に傑作だと思いました。舞台と映画では表現が違うので、脚色した部分もあるが、当初感じた『傑作だ』という感触に何とか近づけたかった」と格別の思い。前川氏は「SFですが、描いているのは人類の葛藤」と語り、「舞台から映画になり、今や完全に親離れし、立派に独り立ちした」と感無量の面持ちだった。

『太陽』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング