ディーン・フジオカ、つま先立ちの悶絶直滑降ポーズを披露 「鏡の前でこっそり反省会」

2016.4.25 15:6配信
イベントに登場したディーン・フジオカ

 プレミアムソーセージ体験イベント「ジョンソンヴィル お肉のおいしさ五つ星ガーデン」が25日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める俳優のディーン・フジオカが登壇した。

 屋外のオープンスペースで行われたこの日のイベント。女性ファンの黄色い歓声で迎えられたディーンは大きく手を振りながら「皆さんこんにちは。こうやって皆さんと直接お会いできる機会はなかなか持てないので、今日は僕も楽しみにしてました」と満面の笑みであいさつした。

 16日からオンエアされている新CMで、ディーンはチャーミングなポーズやアクションに挑戦。ソーセージのおいしさを、“つま先立ちの悶絶直滑降ポーズ”で表現した。「実は腕を上げる角度に納得がいってなくて…。もうちょっと高く上がったんじゃないかな」と心残りがあることを告白。「本当に難しかった。練習してくれば良かったなと思うぐらい」と苦笑いを浮かべながらも、「家に帰ってからも、鏡の前で1人でこっそり反省会をしました。それぐらい僕にとっては思いのこもったポーズです」と明かした。

 会場では、ジョンソンヴィルの四つの商品を実食し「今日のディーンにとっての一番」を決定することに。ディーンがフォークを口に運ぶたびに、女性ファンからは「キャ~」というため息交じりの歓声が。これにはさすがのディーンも「食べるだけなんですけど、なんか緊張しますね」と照れ笑いを浮かべた。

 トークショーでは、米国、アジア圏などワールドワイドに活躍するディーンに対して「日本のこれぞ“五つ星”と思うところは?」という質問も。

 ディーンは、この日の“マスコミ以外写真撮影禁止”といった注意を守るファンや通行客たちのマナーの良さに触れ「ちゃんとこうやってルールを守るというのが素晴らしいですよね。僕は全然撮ってもらっても構わないけど、残念ながら今日は(写真は)駄目みたいで…。でも、守ってくださってありがとうございます」と感謝を口にした。

 また日本の生活様式についても「家の中で靴を脱ぐのは最高ですよね。どう考えても日本のスタイルの方がいい。ベッドの上に、靴のまま上がったり、何でするのか分からない。合理的に考えてもこっちのほうが衛生的じゃないですか」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング