綾野剛、出演即決の理由を明かす

2016.4.25 20:47配信
綾野剛、中村獅童

俳優の綾野剛が4月25日に、都内で行われた主演作『日本で一番悪い奴ら』(白石和彌監督)の完成披露試写会に出席。出演を即決した理由は、「白石監督とご一緒できること」だと明かし、「自分にとっても新しい挑戦。共演者の皆さんに“共犯者”になっていただいた」と振り返った。

完成披露試写会/その他の写真

実話に基づく小説を原作に、覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕され、有罪判決を受けた北海道警察の警部が“やらせ捜査”や“銃刀法違反偽証”といった日本警察史上最大の不祥事に手を染めた顛末を描く。

“黒い警部”の異名をもつ主人公・諸星を演じた綾野は、「ある男の一代記であり、人間賛歌。極上のエンターテインメントに仕上がった」と自信のアピール。「脚本には、諸星がいかに愛された存在だったかが表現されていた。人間が状況や環境で、いかに変わるかを描いている」と熱弁し、ヒートアップしたのか「ここ、暑くないですか?」とスーツを脱ぐ一幕も。同席した白石監督は「僕と綾野くんが両輪となって、意気投合しながら現場を推進していった。いくら撮影しても底が見えず、ずっと見ていられる俳優。また一緒に仕事したい」と再タッグを誓った。

完成披露試写会には綾野と白石監督に加えて、共演する中村獅童、YOUNG DAIS、お笑いコンビ・デニスの植野行雄、ピエール瀧が出席。中村は、諸星に極秘情報を提供する暴力団幹部を演じ、「綾野くんは大好きな俳優で、いつかご一緒したかった」。諸星を慕う情報提供者役のYOUNG DAISは、「綾野くんと一緒に、生きさせてもらった」と共演を振り返った。

実写映画に初出演の植野は盗難バイヤーのパキスタン人を演じ、「画像検索したら、これはイケるなと。まったく違和感がなかった」と笑いをさそった。また、『凶悪』に続き白石監督とタッグを組む瀧は「犯罪者の優しさや、何かを楽しむ姿に着目するのが白石監督らしい。語弊があるが、楽しい映画」とアピールした。

『日本で一番悪い奴ら』
6月25日(土) 全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング