本田望結、妹と氷上で共演 「大好き。顔を見るだけでキュンとする」

2016.4.27 18:33配信
本田望結ちゃん(右)と妹の紗来ちゃん

 映画『スノーホワイト/氷の王国』公開記念イベントが27日、東京都内で行われ、ゲストとして本田望結ちゃん、妹の紗来ちゃんが出席した。

 この映画は、グリム童話の名作「白雪姫」を大胆にアレンジして描いたアクションファンタジー『スノーホワイト』の続編。“邪悪な女王”ラヴェンナと、その妹で“氷の女王”でもあるフレイヤの“この世で一番美しい女王姉妹”が登場する本作にちなみ、この日は日本の誇る“氷の国の美人姉妹”として2人が登場。アイススケートリンク上で圧巻のスケーティングを披露した。

 今回の振り付けを自身で考案したという望結ちゃんは、「強い感じが出せるように(紗来と)一緒に練習を頑張りました」とニッコリ。紗来ちゃんも「ちょっとお客さんがいっぱい来ていて緊張したけど、望結お姉ちゃんと一緒にできてよかったです」とほほ笑んだ。

 この日は、“氷の女王の下僕(しもべ)”としてお笑いコンビのロッチ(コカドケンタロウ、中岡創一)も登場。本田姉妹のスケーティングを目の当たりにしたコカドは「めっちゃすごかった。やっぱり女優さんなので表現力がある」と圧倒された様子で、中岡も「感動しました。日本の宝ですよ」と絶賛した。

 また、妹の紗来ちゃんに対する思いを問われた望結ちゃんは「本当に大好き。家とかでも、妹が(私の)お姉ちゃんみたいにしっかりしているので、顔を見るだけでキュンキュンします」とコメント。一方の紗来ちゃんも「望結はそんなこと言っているけど、(私にとっては)頼りになるお姉ちゃんです」と語るなど、仲睦まじい様子を見せていた。

 「もし魔法が使えるならどんな魔法がほしい?」という質問には、望結ちゃんが「世界中の方がずっと幸せでいられるような魔法がかけられたら」と答え、紗来ちゃんは「アイスが好きなので、溶けちゃったら一瞬でパって凍らせられる魔法がほしいです」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 映画のなかでは、結託して戦う姉妹が描かれるが、望結ちゃんは「私たちも姉妹だけど、競争するときもあるし、フィギュアスケートもやらせてもらっているので、これから大きくなったら2人でいつか戦う時がくると思う。その時は頑張ろうと思います」と語るなど、いいライバル関係でもあることを明かしていた。

 映画は5月27日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング