トップ画面のイメージ。ドライブレコーダー機能は契約者以外も利用できる

三井住友海上火災保険は、事故などの衝撃を感知し、前後の画像を自動的に録画するドライブレコーダー機能などを備えたスマートフォン向け無料アプリ「スマ保」を8月から提供する。

「スマ保」には、保険契約者向けのメニューとして、契約内容の確認や住所変更手続きができる「ご契約の管理」、事故時に必要な初期対応機能「緊急時 ナビゲート」を搭載。「保険をてのひらに。」をコンセプトに、急速に普及が進むスマートフォンを利用して、契約情報の管理、緊急時の連絡や事故防止サポートなどのサービスを提供する。

契約者以外でも利用できる機能として、ゲーム感覚で手軽に運転適正のチェックができる「運転チェッカー」や、運転時の揺れなどをもとに、運転傾向を分析・診断するほか、事故などの衝撃を感知するとその前後の画像を自動記録するドライブレコーダー機能を備えた「運転診断機能」を用意した。

スマートフォンの録画機能を活用したドライブレコーダー機能は、今回、損害保険会社として初めて提供するもの。対応OSは、Android 2.2以降、iOS 4.1以降(iPhone 3Gを除く)。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます