“気配”も感じる!4D映画『雨女』予告編

2016.4.28 18:00配信
『雨女』(C)2016「雨女」製作委員会

『呪怨』『輪廻』の清水崇監督が手がける4D映画『雨女』の公開日が、梅雨時の6月4日(土)に決定し、このほどポスタービジュアルと新たな予告編映像が公開になった。

『雨女』予告編映像

ホラー界の鬼才・清水監督が手がける『雨女』は、体感型上映システム4DX(R)を全編にわたり駆使した“体全体で感じる”ことに特化した4D限定の映画。システムを研究し、シーンに合わせて座席が上下・左右に動き、水しぶきや風が吹き、匂いが漂う、4Dでしか表現できない“新たな恐怖領域”を体験できるという。

ポスタービジュアルには、雨の中、線路の上にぽつんと佇む黄色いレインコートを着た女の子の姿と、その肩に回された背後から伸びる“なにか”が映し出されている。

予告編映像は、「ねぇねぇ雨女って知ってる?」「雨の日に踏み切りに立っているんでしょ?」と、都市伝説となった雨女について話す子どもたちの会話からはじまり、主人公の理佳(清野菜名)が、雨が降る日に必ず見るというおぞましい“夢”の一部が描かれる。

本作の配給会社は「DVD・ブルーレイ化もテレビ放送・WEB配信も致しません!」と断言しており、映画館でしか味わえない、4Dシステムでしか体験できない貴重な作品になりそうだ。

『雨女』
6月4日(土)全国のユナイテッド・シネマ他にて4DX限定公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング