阿部サダヲ、羽生結弦選手の殿役に驚き 初演技にほれぼれ「表情美しく自然」

2016.4.28 21:1配信
主演の阿部サダヲ

 映画『殿、利息でござる!』公開直前トークイベントが28日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、瑛太と原作者の磯田道史氏が出席した。

 この映画は250年前の江戸時代を舞台に、藩の重い年貢により夜逃げが相次ぐ宿場町・吉岡宿を救うため、十三郎(阿部)や知恵者の篤平治(瑛太)ら“ビンボー庶民”が千両(現在の3億円)の大金を集めて藩に貸し付け、利息を巻き上げるという一世一代の大勝負に挑む実話を描く。

 撮影の合間には「阿部さんは率先してご飯に行きましょうと声をかける方ではないので」と座長に代わって瑛太が率先してキャスト陣での食事会をセッティングしたといい、阿部は「僕の栄養や健康管理もずっとしてくれた。最高の相方」と感謝を述べた。

 また、演技初挑戦となるフィギュアスケートの羽生結弦選手が仙台藩の第七代藩主・伊達重村役で出演していることでも話題になっており、イベントでは羽生選手がクランクインした際のリハーサルの模様が映像で初お披露目された。

 キャスト陣には殿を演じる人物は事前に知らされておらず、阿部は「知ったのは撮影の当日のリハーサルです。誰がやるか毎日想像しながらやっていて、現場ではサンドウィッチマンの伊達みきおさんじゃないかと予想してリハーサルに臨んだら、あの方が出てきて本当にびっくりした」と明かして笑わせた。

 映像では殿の出で立ちの羽生選手の登場に思わず笑ってしまう面々がしっかりと捉えられ、目を丸くしてしばし羽生選手を見つめていた瑛太は「素の驚きとうれしさで全然演じていないですね。きらきら光っていましたから、本当に美しくて」と当時の自身の様子に苦笑を漏らした。

 磯田氏は「羽生選手のお父さんのところに原作と脚本を持っていったら、仙台のためになるから、演技の勉強にもなるかもしれないと親子で読んでオファーを受諾してくれた」と明かし、阿部は堂々とした羽生選手の芝居を「表情も美しかったし役者さんという感じですごく自然でした。美しいなと思って本当ににやにやしちゃった」と尊敬の思いで振り返った。

 映画は5月14日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング