2021年大河ドラマの主役に決定し、ポーズを取る吉沢亮

 2021年大河ドラマの制作・主演発表会見が9日、東京都内のNHKで行なわれ、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一を描く「青天を衝け」に決定したことが発表された。

 会見には主役に決まった吉沢亮と、脚本を担当する大森美香氏、制作統括の菓子浩チーフプロデューサーが登壇した。

 大河の主演に抜てきされたことについて吉沢は「まさか自分に来るとは思っていないので、聞かされたときは『大河ってもう1個、枠ありましたっけ?』と思い、信じられなかったです」とそのときの心境を語った。

 そして「今日までの1カ月半の間、マネジャーさんから『もし、発表前に(主役の話が)漏れたら、主役が変わるからね』と脅されて、すごくビクビクしていました。今日は安心しています」とにこやかに話した。

 菓子チーフプロデューサーは、朝ドラ「なつぞら」のスタッフからの評判や推薦があったことを明かし、「映画『キングダム』などの画面を見て、勢いとか存在感を感じて、いろいろなものを見た中で決定した」と語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます