『64-ロクヨン- 前編』興収20億円突破確実の好スタート!

2016.5.7 20:14配信
(左上から)坂口健太郎、三浦友和、夏川結衣、瀬々敬久監督 (左下から)瑛太、榮倉奈々、佐藤浩市、綾野剛、永瀬正敏

累計発行部数130万部を超えるミステリー小説を映画化した『64-ロクヨン- 前編』の初日舞台あいさつが5月7日に、東京・TOHOシネマズ日劇で行われ、主演を務める佐藤浩市をはじめ、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、坂口健太郎、瑛太、永瀬正敏、三浦友和、瀬々敬久監督が登壇した。

初日舞台あいさつ/その他の写真

東宝によると、同日12時の段階で2012年に公開された同ジャンルのサスペンス『麒麟の翼』(興収16.8億円)対比で、133%の観客動員数を記録し、興収20億円突破確実の好スタートを切ったという。劇場には、原作ファンと思われる50代以上の男性や夫婦を中心に、30~40代など幅広い年代が来場。作品の評判も良く、今後は平日に年齢層の高い観客が多く見込めることから、長期的に安定した興行が期待できるとしている。

主演を務める佐藤は、満席となった劇場内を見つめ、「硬派なエンターテインメント映画に多くのお客さんが来ていただくのが、正直難しい日本映画界ではあります。今日は初日を迎えられて、とにかくホッとしています」と安どの表情。「本当に山場の連続で、若手もベテランも関係なく、いい意味で緊張感のある現場。ぜひ、皆さんにこの映画の魅力を伝えていただけたらと思います」と感無量の面持ちでアピールした。

わずか1週間で終わった昭和64年に起きた未解決の少女誘拐殺人事件(通称:ロクヨン)を軸に、県警記者クラブを巻き込んだ警察内部の対立と、14年を経て新たに起きた模倣事件を、県警の広報官・三上義信(佐藤)の葛藤とともに描く。

佐藤のコメントを受けて、同じ広報室で働く部下を演じる綾野は、「私もホッとしました」。一方、対立する記者クラブを仕切る新聞記者を演じた瑛太は「撮影期間中に、浩市さんから『やっと、俳優になったな』と声をかけていただいて、すごく感動した」と感激しきり。当の佐藤は「そんなことあった? 酔っぱらっていたから(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

『64-ロクヨン- 前編』
公開中

『64-ロクヨン- 後編』
6月11日(土)公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング