乃木坂46生駒里奈、欅坂46の人気に驚き YouTube再生回数「あやかりたい」

2016.5.12 21:28配信
欅坂46の人気ぶりに驚いたという生駒里奈

 人気ギャグ漫画の舞台化第2弾「じょしらく弐~時かけそば~」の囲み取材および公開ゲネプロが12日、東京都内で行われ、乃木坂46の出演メンバー15人が出席した。

 主人公のかわいい女子落語家たちの寄席での楽屋の様子を描く本作では、15人が“チームら”、“チームく”、“チームご”の3チームに分かれ、5人の登場人物をトリプルキャストで演じる。

 チームらで空琉美遊亭丸京(くうるびゆうていがんきょう)を演じる初参加の生駒里奈は「なぜ丸京がやりたかったかというと、髪の毛の色が奇抜だったから選びました」と正直に明かして笑いを誘いながらも、けいこを経てキャラクターが好きになったと言い、「見ている人に生駒ちゃんらしい、でも丸京だと思ってもらえるように、一瞬でも楽しいと思ってもらえるように頑張りたい」と意気込んだ。

 防波亭手寅(ぼうはていてとら)役の松村沙友理は「手寅ちゃんはいろいろなことに巻き込まれながらも楽しく生きている女の子で、このお話の主人公です。主人公だから選びました」と自信たっぷりに胸を張り、「主人公だけどあまりみんなに信じてもらえないので、今回の舞台で主人公感が出せたらいいなと思います」と使命感をのぞかせた。

 また、「笑点」で桂歌丸の後任司会に立候補できそうなメンバーを問われると、生駒が「急にレベルの違う話。コメントするのもおこがましいです。私たちは『じょしらく』の世界の中で頑張りたい」と苦笑した。

 さらに乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾となる欅坂46の人気ぶりについては、デビュー曲「サイレントマジョリティー」が「YouTubeで『制服のマネキン』のミュージックビデオの再生回数を超えたって。すげーなと思いました。個人的に人気にあやかりたい」と素直な驚きを語っていた。

 舞台は5月12日~22日にAiiA 2.5Theater Tokyoで上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング