今すぐチェンジ! “非モテ口癖”を“モテ口癖”に直す3つのポイント

2016.5.14 17:30

あなたの恋愛が上手くいかない理由は「口癖」にあるかもしれません。今回は、男性に嫌われてしまう、直しておきたい“非モテ口癖”と、好感度アップの“モテ口癖”をご紹介します!

photo by GATAG

口癖は性格を表すといわれています。あなたの恋愛が上手くいかない理由も口癖にあるかもしれませんよ。

今回は、男性に嫌われてしまう、直しておきたい非モテ口癖と好感度アップのモテ口癖をご紹介していきます!

直しておきたい嫌われ非モテ口癖!

まずは、男性に嫌われる非モテ口癖を3つ紹介していきます。非モテ口癖はたった一言だけで、彼や職場の人にマイナスの印象を与えてしまっています。あなたもこんな非モテ口癖には要注意です!

「でも」

「でも」は否定的に感じさせる口癖です。喧嘩中や会話の中で「でも」と始められると、その次にはだいたい反論の言葉が続くことが予想されます。それだけで、相手に「自分とは別の意見を持っている」「自己主張が強い」と思わせ「自分の話を聞いてくれないだろう」という印象を与えてしまうのです。

「だって」

「だって」という文字を見るだけでも、次に言い訳が聞こえてきそうですね。たいてい、だっての後には「仕方がない」が隠れています。

自分に分が悪いときに「だって、◯◯がいったでしょ」「だって、そうするしかなかったから」など、まさに言い訳をいう前置きのように感じさせてしまう口癖なのです。

「だから」

「だから」は完全に相手の意見をシャットアウトしてしまう口癖です。「だから、◯◯だってば」「だから、私が正しい」と自分の意見を主張したがる女性がよく使ってしまう口癖です。

頻繁に使うと「頑固」「自己中」などマイナスのイメージを持たれてしまいます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント