パイオニア、クルマの中でスマートフォンを楽しむ「カロッツェリア スマートフォンリンク アプリユニット」2機種

2012.5.8 15:12配信
「SPH-DA09」(左)と「SPH-DA05」

パイオニアは、クルマの中でスマートフォンのアプリをコントロールする「カロッツェリア スマートフォンリンク アプリユニット」の新製品として、「SPH-DA09」「SPH-DA05」の2機種を5月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「SPH-DA09」が5万9800円前後、「SPH-DA05」が3万9800円前後の見込み。

クルマの中でもスマートフォンを安心・快適に利用できるアプリケーションコントロールユニット。別売のケーブルで接続したスマートフォンのアプリを操作する国内初の「Linkwithモード」を搭載する。2点マルチタッチに対応し、スマートフォンと同じように2本の指で操作できる。

スマートフォンに保存してある音楽・映像を視聴できるだけでなく、「アプリユニット」対応のスマートフォン用カーナビアプリを使って、カーナビゲーションシステム「カロッツェリア」と同等のカーナビ機能が利用できる。車載用GPSアンテナユニットと「クリスタル3Dハイブリッドセンサー」を搭載し、GPS電波が届きにくい場所でも、現在位置を高い精度で表示。スマートフォンの通信機能によって、最新の地図データや「スマートループ渋滞情報」の取得に対応する。

さらに、スマートフォンから「アプリユニット」へ、無料の「Linkwith」ランチャーアプリケーションをインストールすれば、「Linkwithモード」対応アプリを探せる「アプリリスト」など、複数のアプリケーションを使える。「アプリリスト」には、カーナビアプリに加えて、インターネットラジオやビデオ、グルメ、気象情報など、ドライブに役立つ多彩なアプリを登録している。

また、スマートフォンの音楽や映像、「Linkwithモード」非対応アプリについては、スマートフォン側で操作を行う「スマートフォンコントロールモード」で楽しめる。このほか、FM/AMチューナーを搭載。Bluetooth2.1+EDRに対応する。

「SPH-DA09」は4チューナー、4アンテナの地上デジタル放送対応テレビチューナーとDVD/CDスロットを備え、地上デジタル放送の番組とDVDやCDの映画・音楽を楽しむことができる。

対応するカーナビアプリは、NTTドコモのスマートフォン用アプリ「ドコモ ドライブネットpowered byカロッツェリア」と、7月上旬に提供を予定しているiPhone用の「カロッツェリアLinkwithカーナビゲーションfor iPhone」。サイズは、ともに幅178×高さ100×奥行き168mm。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング