ロジテックINA、USB3.0対応暗号化外付けHDD、自動暗号化&パスワードで保護

2016.5.18 14:3配信
LHD-ENU3BS/LHD-ENU3BSR

ロジテックINAソリューションズは、マイナンバーを含むデータの情報漏えい防止対策を強化したUSB3.0対応の暗号化外付けHDD「LHD-ENU3BS」と「LHD-ENU3BSR」を、オンラインショップのロジテックダイレクトで発売した。

AES256ビットによる最高レベルの暗号化機能と、独自のパスワード認証ツール「Logitecパスワード管理ツール」によって、重要なデータの漏えいを防ぐダブルセキュリティ機能を備えた3.5インチ外付けHDD。「Logitecパスワード管理ツール」はHDDに内蔵しており、PCにインストールすることなく、パスワードを入力することでロック/解除ができる。

本体は、「LHD-ENU3シリーズ」の使いやすさ、放熱性などの特徴を継承し、底面と側面に通気用のスリットを搭載した「ダブルデッキフロー」構造によって、縦置き・横置きどちらでも優れた放熱性をもつ。また、PCの起動・終了、スリープモードなどに連動して自動的にモーターを停止するため、手動で電源をオン/オフする必要はない。

「LHD-ENU3BS」は、内蔵HDDにウェスタンデジタルの省電力で静音性に優れた「WD Blue」を採用する。税込価格は2TBの「LHD-EN20U3BS」が1万9800円、3TBの「LHD-EN30U3BS」が2万2800円、4TBの「LHD-EN40U3BS」が3万800円。

「LHD-ENU3BSR」は、内蔵HDDにウェスタンデジタルのNAS向けHDD「WD RED」を採用し、24時間の連続稼働に耐えられる。保証期間は3年間。税込価格は2TBの「LHD-EN20U3BSR」が2万4800円、3TBの「LHD-EN30U3BSR」が2万7800円、4TBの「LHD-EN40U3BSR」が3万6800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング