東芝、衣類と洗濯水を温めて洗う「温かザブーン洗浄」対応の縦型洗濯乾燥機

2016.5.18 15:10配信
「AW-9V5」(左)と「AW-8V5」

東芝ライフスタイルは、温風で衣類と洗濯水を温めて、パワフルな水流で洗う「温か(あったか)ザブーン洗浄」に対応した縦型洗濯乾燥機「AW-9V5」と「AW-8V5」を6月上旬に発売する。価格はどちらもオープン。

「AW-9V5」「AW-8V5」ともに、温風で衣類と洗濯水を温め、洗剤の効果を引き出してパワフルに洗うことで洗浄力を高める「温か洗いコース」を新たに採用。「温か洗いコース」は、1度目の洗いの後、洗浄の効果を高める「つけおき」を含み、つけおき時間は、汚れ具合に合わせて5段階(つけおきなしを含めると6段階)で設定できる。

洗いは、DD(ダイレクトドライブ)モーターとスクリューパルが、洗いムラを抑えるよう衣類を立体的に動かしてパワフルに洗う「ザブーン洗浄」(標準コース)で、水道水に抗菌成分の銀イオンを合わせた「Ag+抗菌水」で洗濯するため、抗菌成分が繊維の奥まで浸透し、部屋干し臭の原因となる雑菌の繁殖を抑える。さらに、汚れをはじく親水性の高いガラス質コート(防汚コート)を表面にコーティングした洗濯槽「マジックドラム」を搭載し、洗濯槽を清潔に保つ。パルセーター、糸くずフィルター、ふろ水用給水ホースの先端部にも抗菌加工を施した。

税別の実勢価格は、洗濯容量9kg、乾燥容量4.5kgの「AW-9V5」が14万円前後、洗濯容量8kg、乾燥容量4.5kgの「AW-8V5」が13万円前後の見込み。

また、脱水時間を30分長く設定した「部屋干しコース」を備えた「マジックドラム」搭載の全自動洗濯機「AW-10SD5」と「AW-9SD5」を、6月中旬に発売する。価格はどちらもオープン。

税別の実勢価格は、洗濯・脱水容量10kgで、サテンゴールド、グランホワイトの2色を用意する「AW-10SD5」が13万円前後、洗濯・脱水容量9kgの「AW-9SD5」が12万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング