子どものヘアカット。男の子とはまた違った難題があるのが、女の子!

なんといっても、女の子は見た目に小さい頃から関心があるゆえに、髪の毛に対しても“こだわり”があるということではないでしょうか。

「スタイル?何それ?どうでもいい」「邪魔だからとにかく短く」という男の子とは違い、幼少期から大なり小なり「これがいい」「ああしたい」があるのが女の子ならでは。

だからこそ、ママが、パパが女の子の髪の毛を切るときには、男の子よりずっとプレッシャーを感じるかもしれません。

そこでちょっとでも娘の髪の毛を可愛く切ってあげたいママ、パパをサポートするべく、美容師木村旭宏さんが、失敗しないセルフカットのしかたを教えてくれました。

女の子ヘアカットに必要な物

女の子のヘアカットでメインとなるハサミ。これは、男の子編でご紹介したものと同じように、刃先が丸いものを用意すると共に、それとは別ですきバサミも用意しましょう。

すきバサミは、切りムラなどをぼかすことができるので、仕上がりをよくしたいなら、まさに必須アイテムです。

あとは、髪の毛を濡らすときに使うための、スプレイヤー(霧吹き)を用意しておきましょう。

その他用意するものは、男の子編と同じで目の細かいコーム、切る時に余分な髪をよけておくことができるダッカールを数本、髪の毛が衣類に付着するのを防ぐクロス(ナイロン製のレインコートや食事用クロスで代用可)、床が髪の毛で汚れることを防ぐシート(新聞紙で代用可)、そしてタオルが数枚あればOKです(木村さん)

女の子のヘアカットがしやすい体勢

女の子の場合、特に髪の毛が長い子は、座る場所に高さをつけてあげるようにしてください。

クッションなどを使って高さをつけてあげることで、髪の毛が真っ直ぐになり、梳かして切りやすくなるんですよ。

そして、男の子と同じく、集中していられるものを用意しておくのが大切です。

男の子と同じく、タブレット(TV)がベストですが、内容は男の子と違いアニメを好む傾向がありますので、ネットフリックスなどを用意するのがおすすめです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます