松岡茉優「何度か泣きそうになった」 桐谷健太の愛のある「ばか」に感激

2016.5.20 17:15配信
松岡茉優(左)と桐谷健太

 NHK・ドラマ10「水族館ガール」の試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の松岡茉優、桐谷健太、伊東四朗が登壇した。

 水族館を舞台とした本作は、“新米”飼育員・嶋由香(松岡)と先輩の梶良平(桐谷)が生き物と悪戦苦闘しながら成長していく様子を描く。

 劇中では、梶が仕事で失敗を重ねる由香に対して「ばか!」と怒鳴るシーンが多く、桐谷は「とにかく『ばか』って言いまくっている。ここまで、プライベートで人を罵倒することはないですから、そういう意味では役者冥利(みょうり)に尽きますね」と笑顔を見せた。

 そんな2人の関係にも変化が起こるようで、桐谷は「だんだん『ばか』のニュアンスが変わってくる。最初はキレている『ばか』なんですが、だんだんと丸みを帯びたものになり、“いいんだよ。おまえのそこが好きなんだよ”というものに変わってくる」と解説。

 これに対して松岡は「そう。3話ぐらいから(梶の)優しい『ばか』に泣きそうになった。今まで“つぶすぞ!”みたいな感じでガンガン言われていたのが、途中から怒鳴られつつも愛を感じるようになって、何度か泣きそうになりました。うれしぃ~!って…」と由香と自分とを重ね合わせた。

 ドラマには、イルカの調教シーンも登場。撮影の1、2カ月前から週に1回ほど練習を重ねてきたという松岡は「最初はイルカに試すような目で見られたんです。『おまえは誰だ?』と部外者扱い。でも、それが触れ合う中で『また来たの?』となって、最近では『遊んでよ!』みたいな…」とイルカの変化を笑顔で報告。

 桐谷も「練習を通じて顔を覚えてくれたし(自分の指示で)跳んでくれるようになった」としながらも、「1回、ピリピリとしたシーンの撮影後に、気が立ったまま練習に行ったら、『おまえ、何かいつもとちゃうな?』という感じで近付いてくれなかった」とエピソードを披露。「イルカは人の心を読むのに長けている動物。器の大きい、柔らかい自分で接さないと駄目だなと思った」と苦笑いで振り返った。

 ドラマは6月17日午後10時からNHK総合で毎週金曜日に放送。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング