『曇天に笑う』役者陣が殺陣やお互いの印象を披露!

2016.5.20 18:25配信
製作発表より。左から、細貝圭、松田凌、植田圭輔、玉城裕規、百瀬朔 製作発表より。左から、細貝圭、松田凌、植田圭輔、玉城裕規、百瀬朔

5月27日(金)に開幕を控えた舞台『曇天に笑う』が、都内でファンを招いての製作発表記者会見を行った。曇天三兄弟の長男・曇天火役の玉城裕規、次男・曇空丸役の植田圭輔、三男・曇宙太郎役の百瀬朔、安倍蒼世役の細貝圭、金城白子役の松田凌がそれぞれ役衣裳で登場。さらに、脚本を担当する高橋悠也、演出を担当する菜月チョビ(劇団鹿殺し)も揃い、今作の魅力やエピソードを語り合った。

舞台『曇天に笑う』チケット情報

原作は、唐々煙の人気コミック「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)。2015年2月に初舞台化された際、全15回の公演チケットが即日完売。ファンからのアンコールの声で今回の再演が実現した。

ファンを前にまず披露されたのはキャスト陣による大迫力の殺陣。会場を大いに盛り上げた。さらに今回の再演のために描き下ろされたイラストも披露され、原作者の唐々煙から届いた「キャラではなくどんな人間を見せてもらえるか今から楽しみにしております」というメッセージも読まれた。

演出の菜月は初演との違いを聞かれ「人見知りですが、今回はせっかく2回目なので、人見知りを超えて、仲良くなるのも超えて、仲悪くなる気で行きたいなって。仲悪くなるくらいの勢いで最後まで作品を作っていけたら。遠慮なしにやりたいなって思ってます」と話し、玉城に「役者陣、今無言ですからね」とツッコまれた。

キャスト同士の印象を問われ、玉城は植田について「新しい植ちゃんが稽古でだんだん見え始めているので、本番までにどんな植ちゃんが見られるのか今から楽しみです」、植田は百瀬について「すごくエネルギッシュ。お菓子とかご飯をあげまくって懐かせたのでペットだと思います」、百瀬から細貝については「お話の中では絡みはないですが、仲良しですよね? ふざけると全部拾ってくれるし、精神年齢は同じだと思っています」、細貝から松田については「綺麗な顔してるけど一番好きなのは笑顔。共演できて嬉しいです」、松田から玉城の印象は「座長は玉城裕規だと聞いて、これ以上に安心感のある役者さんはいない。役者から信頼される役者なのかなと思います」と語った。

その後も終始和やかな空気で、稽古場でのエピソードや、菜月独自のトレーニングを披露。チームワークのよさを感じさせる会見となった。

舞台『曇天に笑う』は、5月27日(金)から6月5日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて、6月10日(金)・6月11日(土)に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。

撮影・取材・文:中川實穗

いま人気の動画

     

人気記事ランキング