波瑠、新人刑事役で民放連ドラ初主演! 「喜びも苦労も思いっ切り全部味わいたい」

2016.5.21 6:26配信
藤堂比奈子を演じる波瑠

 女優の波瑠が、カンテレ・フジ系の7月期火曜夜10時ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」に主演することが分かった。

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン役で人気を集めた波瑠だが、民放の連続ドラマで主演するのはこれが初。波瑠は「皆さんに助けてもらいながら、自分なりに精いっぱい主演を務めようと思います。刑事役も初めての経験ですが、喜びも苦労も全部思いっきり味わいたいです」と意気込みを語った。

 ドラマは、内藤了氏の『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズをベースに、ドラマオリジナルのストーリーも描かれる。

 波瑠が演じる藤堂比奈子は、警察学校を優秀な成績で卒業し、刑事部に配属された新人刑事。事件の情報をイラストに描きとめれば決して忘れない驚異的な記憶力の持ち主だ。母親の形見である「進め!比奈ちゃん」と書かれた七味缶をお守りとして常に持ち歩き、何にでもその七味を振りかけ、周りからは変わり者扱いされている。一見すると、明るく真面目な比奈子だが、彼女には誰にも明かしていない心の闇があった…。

 波瑠は演じる比奈子について「食べ物や飲み物に必ず七味をかける不思議な女の子ですが、そういう部分も含めて少し謎めいた一面があります。ドラマの中で徐々に明らかになっていくものがあると思いますので、私も今後どうなっていくか楽しみです」とコメント。

 視聴者に「人の美しさだけではない、傷や苦しみ、怒りなどの感情も描かれていく作品になると思います。藤堂比奈子の歩む道がどんなものになるのか、皆さんに見届けていただけたらうれしいです」とアピールした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング