柳楽優弥、山田孝之のメッセージに感謝 菅田将暉、柳楽優弥との「距離感を間違えた」

2016.5.21 15:11配信
「やりがいがありました」と語った柳楽優弥

 映画『ディストラクション・ベイビーズ』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎ほかが登場した。

 本作は、何かに取り付かれたようにけんかを繰り返す主人公・泰良と、彼のカリスマ性に引き付けられ、共に凶行に及ぶ若者たちを描いた青春映画。

 主演の柳楽は、完成した本作を見た感想を「チャレンジしているなというのを感じました。原作ありきの脚本ではなかったので、役柄も自由で世間の中でイメージがない状態の中で、一つ一つ組み立てていくことができたので、俳優部のセンスが出るのかなというやりがいがありました」と話した。

 本作の柳楽の演技を称賛する声が多く、中でもインターネット上でも話題になっている、山田孝之のコメントが発表された。

 「同じ事務所の先輩としての小さなプライドもあり、言えなかった事実が、今回『ディストラクション・ベイビーズ』での芝居を見た今は明言できる。彼の芝居はずば抜けていて、こんな緻密で繊細なこと俺はできていないなって思う。柳楽優弥ってマジですげーよ」とコメントが読まれると、柳楽は「孝之さんに『ありがとうございます』って(メールを)送りました」と明かした。

 また「現場では言えなかったけど、今だから話せる本音は?」と聞かれると、菅田は「柳楽くんとは前の作品で仲良くなって、二人で映画に行こうって盛り上がってて、でも、その後に『ディストラクション~』を読んだら、あまり仲良くできないなっていう気がしちゃって、(柳楽との)距離を保っていたら、柳楽くん的には『一緒に頑張ろうぜ』という感じだったので、距離感を間違えました」と明かして、会場の笑いを誘った。

[caption id="attachment_1051120" align="aligncenter" width="300"]
(左から)真利子哲也監督、小松菜奈、柳楽優弥、菅田将暉、村上虹郎[/caption]

いま人気の動画

     

人気記事ランキング