主演にダニー・ラミレス、キアナ・マリー、リディア・ハースト

株式会社アカツキの子会社であるAkatsuki Entertainment USA, Inc.(所在地:カリフォルニア州ロサンゼルス、プレジデント:アンマリー・S・ベイリー、以下「AE」)は、9月16日(金)からミステリーアドベンチャーゲーム『√Letter ルートレター(以下、ルートレター)』実写版の撮影を開始したことを発表しました。また撮影開始に合わせ、監督・脚本と主演を務めるキャストを併せて発表いたします。



主演にダニー・ラミレス、キアナ・マリー、リディア・ハーストを迎え、受賞歴のあるソニア・オハラ(Amazonの「Doomsday」)が指揮を執り、デイビッド・エーベルトフト(2016 Tribeca Film Festivalの「Here Alone」)の脚本で監督デビューを果たします。プロデューサーは、ベイリーの他、鈴木萌子、キャット・マクフィーが務めます。

映画では、主人公が謎に満ちた状況の下で姿を消した文通相手を探すという、原作ゲームの中心であったあらすじをリアルに描き出します。

■作品概要
タイトル:√Letter ルートレター
監督:ソニア・オハラ
脚本:デイビッド・エーベルトフト
主演キャスト:ダニー・ラミレス、キアナ・マリー、リディア・ハースト



ダニー・ラミレス

代表作:
来年夏公開予定「Top Gun: Maverick」
「Assassination Natio」





キアナ・マリー

代表作:
Netflix「Huge in France」
CBS「Live In Pieces」





リディア・ハースト

代表作:
「The Haunting of Sharon Tate」
Syfy「Z Nation」


■AE プレジデント:アンマリー・S・ベイリーのコメント


ルイジアナ州シュリーブポートにて撮影が開始されました。
このたび、日本で名高い角川ゲームスとパートナーシップを組ませていただき、『√Letter ルートレター』を実写映画化することにとても興奮しております。
『√Letter ルートレター』の核となるストーリーはゲームとして広く親しまれていますが、グローバルな映画としても素晴らしいポテンシャルを持った作品といえます。
デイビッド・エーベルトフトが脚本を担当する「√Letter ルートレター」では、興味をそそるストーリーと、観客が共感できるキャラクターとの両方が描かれています。原作に基づいて再構築された、複雑で悲痛な世界を呼び覚ましているのです。ソニアとキャストたちが意欲的に参加していることに感激しています。


■株式会社角川ゲームス 代表取締役社長 安田善巳氏のコメント


「ルートレターは、発売当初から最も人気のあるビデオゲームの一つでした。実写映像化することで世界中のファンや映画好きの方が、この物語を新しいプラットフォームで楽しむことができるのを、とても嬉しく思います。豊かで魅力的な物語を映像化するにあたって、Akatsuki Entertainmentは完璧なパートナーです。映画の完成を心待ちにしています。」


『√Letter ルートレター』について
▲『√Letter ルートレター』(左) ▲最新作『√Letter ルートレター Last Answer』(右)
『√Letter ルートレター』とは、島根県を舞台に、15年前の文通相手を探して謎を解くミステリーアドベンチャーゲーム。PlayStation(PS)4とPS Vitaでリリースされ、国内外での販売本数が40万本を突破しました。また、シリーズ最新作となる『√Letter ルートレター Last Answer』は、前作に90人のキャストを使って忠実に実写化された「ドラマモード」の採用や、前作の物語の“最後の結末”を語る後日談「解明編」などを追加し、SteamおよびNintendo Switchでもプレイできます。


◼︎Akatsuki Entertainment USA, Inc. 会社概要
ENTERTAINMENT: JAPAN, HOLLYWOOD AND BEYOND 私たちは、ストーリーの力を信じています。世界をワクワクさせ、意義のあるコンテンツを届けること、それが私たちのミッションです。日本からハリウッド、そして世界まで。スマートフォンから劇場まで。Akatsuki Entertainment USAは、主に、日本の漫画やアニメを含む、商業的な見込みのある知的財産を取得、開発、そして制作するために、ハリウッドと日本の企業間の戦略的パートナーシップの展開に焦点を当てています。




◼︎株式会社アカツキ 会社概要
アカツキは、心が求める活動がみんなの幸せの原動力となる世界「A Heart Driven World.」をビジョンとしています。モバイルゲーム事業、リアルな体験を届けるライブエクスペリエンス事業を柱として、心が踊り、感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開しています。私たち自身がワクワクしながら作ったものが誰かの心を動かし、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくと信じて、これからも世界をカラフルに照らしてまいります。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます